ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

「安心」のスタンダード

Loading...

もしも大きな地震や、災害などにみまわれたとき、
いちばんに考えたいのは利用者が安心できること。被害をできるだけ抑える機能と、
早期に復旧させるテクノロジーで「安心」を、スタンダードなものにしてゆく。

マンション向けセキュリティ

設備機器とエレベーターを連携した
タッチレスセキュリティ(ハンズフリーキー)

オートロックとエレベータードアでダブルロックとすることで、居住階への移動を制限しセキュリティ性を高めるだけでなくエレベーターと連携し快適な移動をサポートします。

立ち止まらずに最大検知距離2.0m

ハンズフリーキーで、さらに快適・便利に

設備機器とエレベーターを連携した
快適な移動(画像解析システム連動)

集合玄関に設置の防犯カメラや、専用の顔認証端末にて居住者の顔を認証し、オートロックの解錠。同時にエレベーターをエントランス階へ呼び寄せることができます。

手ぶらで快適移動

オフィス・病院向けセキュリティ

建物内の入退室管理と連携したエレベーターセキュリティ

オフィスや病院などの入退室管理を行う統合型ファシリティマネジメントソリューション「BIVALE(ビヴァーレ)」と連携して、エレベーター呼びボタンの登録制限や、停止階の利用制限によりセキュリティ性を高めます。

特定の人だけエレベーターを利用可能にしたいとき

オフィスの警備と連動したいとき

閉じ込められたら、
遠隔操作ですぐに救出。

ヘリオスレスキューeye(双方向)

万が一、故障により利用者がかご内に閉じ込められた場合、管制センターからかご内のインターホンとカメラ映像で状況を確認。エレベーターを遠隔操作し、素早く救出します。同時に専門技術者が緊急出動して、故障の点検・復旧を行います。また、遠隔救出時、かご内の液晶インジケーターに対応者の画像を表示するので、対応者の顔が見えることで、利用者の不安を和らげます。

  • ※ 当社と保全契約が必要となります。
  • ※ エレベーターの状況により遠隔救出出来ない場合があります。

  • ※ 当社と保全契約が必要となります。
  • ※ エレベーターの状況により遠隔救出出来ない場合があります。

非接触の顔認証で清潔に、セキュアに。

画像解析システム連携

防犯カメラや専用端末での顔認証による画像解析システムの活用により、自動ドアやセキュリティゲートの通過から、エレベーターをエントランス階へ呼び寄せることができます。

犯罪を抑止するカメラの目で
エレベーター内でのもしもに備える。

かご内防犯カメラ

かご内の状況を監視して、犯罪やいたずらを抑止します。防犯カメラ映像をかご内液晶インジケーターに表示する機能に加え、乗り場液晶インジケーターにもカメラ映像を表示できるようになりました。かご内と乗り場の両方で「見られている」ことを強くアピールでき、犯罪抑止効果を高めます。

  • * 当社と保全契約が必要となります。

  • * 当社と保全契約が必要となります。

防犯カメラ映像と、学習した平常時の画像を
比較して
異常行動をすばやくキャッチ。

ヘリオスウォッチャー

かご内で暴れる、襲われる、倒れこむ・・・異常な状況には迅速に対応することが重要です。ヘリオスウォッチャーは、防犯カメラと重量センサーを活用して異常行動を検知し、いたずらや犯罪に迅速に対応します。利用者の“あばれ”などを検知し、音声での呼びかけを行うとともにエレベーターを最寄り階に停止させドアを開く“あばれ”検知と、利用者の急病などによる倒れこみといったエレベーター内の滞留を検知し、音声で呼びかけながら、エレベーターを指定階まで運転しドアを開く“滞留”検知があります。

  • ※ 以下の場合は、ヘリオスウォッチャーは適用できません。
    ・大型防犯ガラス窓を採用する場合
    ・防犯ガラス窓を採用して、かつ、太陽光が入射する可能性がある場合
    ・SL-02、DX-02天井デザインを採用する場合
  • ※ 当社と保全契約が必要となります。