ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

エレベーター:リニューアル

image

リニューアルの目安は20~25年

エレベーターは、長期間の使用によって経年劣化や性能低下が進行します。
それにより、故障頻度の増加や点検の長時間化に伴う利用時間の制限、部品の製造中止に伴う問題などが発生します。
エレベーターも他の建物設備と同様に利用者の安全と安心のため、適切な時期でのリニューアルをおすすめします。

リニューアルメニュー

image

ロープ式機械室ありエレベーター

image

油圧式エレベーター

image
image

お客さまのご予算ご要望に合わせ、活用できるものを残すリニューアル。
工期も短く、工事期間中の利用者の負担を軽減します。

工期のイメージ

image

現在お使いの乗り場出入口の枠(三方枠)や敷居などは再利用する工法で、全撤去リニューアルより、リーズナブルな費用でかつ短工期で更新できます。

image

工期のイメージ

image

全ての機器を更新、新しいエレベーターに入れ替えます。

image

工期のイメージ

image

リニューアル商品の構成

お客さまが現在お使いのエレベーターに応じて、最適なリニューアルメニューを提案します。

ロープ式機械室ありエレベーター

導⼊事例

エレベーターをはじめとするビル設備と、データを活⽤したビル設備の最適化や管理効率化を提供するソリューションの導⼊事例をご紹介します。

image

導⼊事例

image

image