ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

外観・内装写真

↓写真をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。↓

国際線ターミナル2階エスカレーター
国際線旅客ターミナルビル2階エスカレーター
画像を拡大する

動く歩道(1)
動く歩道(1)
画像を拡大する

動く歩道(2)
動く歩道(2)
画像を拡大する

建物概要

国際線旅客ターミナルビル

正式名称
新千歳空港国際線旅客ターミナルビル
所在地
北海道千歳市美々新千歳空港敷地内
建物用途
空港ターミナルビル
建築主
北海道空港株式会社
設計・監理
日建・空港コンサル・アラップ・久米 実施設計業務共同企業体
施工
鹿島・宮坂・荒井 特定建設工事共同企業体
構造
鉄骨造
階床数
地上4階
竣工年月日
2010年2月

建物外観

連絡施設

正式名称
新千歳空港連絡施設
所在地
北海道千歳市美々新千歳空港敷地内
建物用途
空港施設
建築主
北海道空港株式会社
設計・管理
JAC・日建・ドーコン・HKI 新千歳空港連絡施設等設計業務共同企業体
施工
東急・伊藤・中山・橋本川島・阿部共同企業体
構造
鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階床数
地上3階
施工年月日
2010年3月

エスカレーター・動く歩道仕様

国際線旅客ターミナルビル 合計納入台数:28

型式 台数
(台)
速度
(m⁄min)
サービス階 階高
(mm)
備考
1 S1000 5 30・35・40 1-2 6400 水平ステップ3枚、
速度切替、自動運転
2 S1000 7 30・35・40 2-3 5800
3 S1000 1 30・35・40 1-2 7800
4 S1000 4 30・35・40 3-4 4800
5 S1000 1 30・35・40 1-3 12450
6 S600 1 30・35・40 2-3 3750
7 S1000 1 30・35・40 2-3 7800
8 S1000 3 30・35・40 2-3 6450
9 S1000 1 30・35・40 2-3 6150
10 S1400 4 30・35・40 2 水平型、
速度切替、自動運転

連絡施設 合計納入台数:18

型式 台数
(台)
速度
(m⁄min)
サービス階 階高
(mm)
備考
1 S1000 6 30・35・40 1-2 6700 水平ステップ3枚、
速度切替、自動運転
2 S1000 4 30・35・40 2-3 4800 水平ステップ3枚、
速度切替、自動運転
3 S1400 8 30・35・40 2 水平型、
速度切替、自動運転

特徴

北海道と世界をつなぐ新たな国際線ターミナルビルと連絡施設に、自動運転機能付きエスカレーター34台、動く歩道12台を納入。動く歩道は緩傾斜型で、段差の小さいバリアフリー構造です。