ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

ダブルセキュリティ(ハンズフリーセキュリティシステム)

設置イメージ

  • エントランス
  • 宅配ロッカー
  • エレベーターホール
  • 駐車場
  • 駐輪場

エントランスの設置イメージ

通常時
通常時
リーダーから最大1.5m(ハンズフリーモードの場合)の範囲に居住者が入ると、タグを自動で検知してドアを解錠。居住者の動線が限定できる場合におすすめです。

【設置イメージ】

【認証イメージ(クリックで拡大)】

検知エリア拡張時
検知エリア拡張時
エントランスが比較的広い場合は、リーダーを追加してタグの検知範囲を広げる事が可能。居住者はリーダーを意識せず、ハンズフリーモードで快適に通行できます。

【設置イメージ】

【認証イメージ(クリックで拡大)】

宅配ロッカーの設置イメージ

リーダーに手をかざすことでタグの検知を行う手かざしモードにより、宅配ロッカーを解錠。
手をかざさないとタグを検知しないため、付近を通る居住者の誤認証を抑止します。

【設置イメージ】

【認証イメージ(クリックで拡大)】

エレベーターホールの設置イメージ

リーダーに手をかざすことでタグの検知を行う手かざしモードにより、エレベーターのセキュリティを解除。
手をかざさないとタグを検知しないため、付近を通る居住者の誤認証を抑止します。

【設置イメージ】

【認証イメージ(クリックで拡大)】

駐車場の設置メージ

タグのボタンを押して認証するリモコンモードにより、駐車場のシャッターを開けます。
リモコンの操作距離はリーダーから最大2.5mあり、車内からの操作も可能です。

【設置イメージ】

【認証イメージ(クリックで拡大)】

駐輪場の設置イメージ

リーダーから最大1.5m(ハンズフリーモードの場合)の範囲に居住者が入ると、タグを自動で検知してドアを解錠。自転車を押したままスムーズに出入りできます。

【設置イメージ】

【認証イメージ(クリックで拡大)】

認証モードのバリエーション

ハンズフリーモード

リーダーから最大 1.5m の範囲に入ると自動認証するモードです。

ハンズフリーモードの図版

  • (1)赤外線で人を検知し、センサーを有効化
  • (2)センサーでタグを検知
  • (3)ドア解錠
手かざしモード

リーダーから約 5cm 以内に手をかざすことにより自動認証するモードです。

手かざしモードの図版

  • (1)リーダーに手をかざしてセンサーを有効化
  • (2)センサーでタグを検知
  • (3)ドア解錠
リモコンモード

リーダーから最大 2.5m の範囲で、タグのボタンを操作することにより認証するモードです。

手かざしモードの図版

  • (1)リーダーから最大 2.5m の範囲で、タグのボタンを押す
  • (2)ドア解錠

* 認証エリアは設置環境により異なります。

万が一、ハンズフリータグの電池が切れてしまった場合でも、
ハンズフリータグをリーダーにタッチすることで解錠できます。

  • * ハンズフリータグの電池交換につきましては、お客さま側にて行ってください。

特長

特長1:鍵の管理は日立におまかせ

鍵の管理は日立におまかせ

特長2:リーズナブルに運用可能

ハンズフリーリーダーは、ハンズフリータグに加えリーズナブルな非接触キーも使用可能。併用することにより、導入コストを抑えることができます。

リーズナブルに運用可能

システム構成・機器仕様

システム構成

システム構成

機器仕様

機器仕様