ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

メガピクセル対応ネットワークカメラの特長

Fine Vision XDシリーズ

メガピクセルの高画質

紙幣の種類まで判別しやすい高画質

メガピクセル対応ネットワークカメラは、アナログカメラに比べ、くっきりとした高解像度の映像で表示できます。顔はもちろん、紙幣や商品、書類など、判別の精度が上がりますので、より高いセキュリティが求められるシーンにご利用いただけます。

「ワイドダイナミックレンジ対応」

照度差を感じさせない「ワイドダイナミックレンジ対応」

明るいと白く薄れ、暗いと黒くつぶれるというカメラの特性を、デジタル処理で克服。
ビル・店舗のエントランスをはじめ、銀行のATMなど、被写体と背景の照度差が激しい撮影環境に効果的です。

360°全方位を“ひと目”で、効率的にモニタリング

360°全方位を“ひと目”で、効率的にモニタリング

カメラ1台で360°全方位の撮影が可能な魚眼レンズを搭載。1画面で空間全体を確認できることにより、人物の動きや流れ、混雑状況の把握などを瞬時に行えます。たとえば銀行の場合、お客さまの来店確認や待ち時間の把握だけでなく、行員の態度や行動も確認できることによって、サービスの向上から行員による不正の防止にも効果を発揮できます。銀行はもとより工場やショッピングモール、デパートや駅などにも最適です。

可視光によるカラー映像と赤外線による白黒映像の同時表示

可視光によるカラー映像と赤外線による白黒映像の同時表示

日立独自のColor・IR技術により、可視光が当たる部分は色情報を残したまま映像を生成し、赤外線が当たる部分は輝度情報によって白黒の映像を生成することで、赤外線を有効活用しながら同時に色情報も失わない映像を撮影することが可能です。また、高い防塵防水性の設計で、屋外の設置にもハウジングなどのオプション品なしで対応できます。

Color・IR技術:可視光の色情報と赤外線の輝度情報を同時に撮影する技術

エントリーモデルシリーズ

エントリーモデルシリーズ

最大2Mピクセル(Full HD)画質にも対応しており、鮮明な映像を出力可能です。
また、屋外カメラは高い防塵防水性の設計で、屋外の設置にもハウジングなどのオプション品なしで対応できます。

遠隔モニタリング

ネットワーク経由で遠隔モニタリング

ネットワークを介して、複数の拠点や店舗等のカメラの映像と音声をパソコンでモニタリングできます。
現地に行かなくても状況把握ができ、複数の拠点や店舗の一括管理が可能です。

専用ソフトウェア:VisionNet Manager

クラウド型(専用ソフトウェア不要):BIVALE

別途月額費用およびインターネットサービス(固定IP)が必要となります。
BIVALE では、入退室管理サービスや遠隔監視サービス等を同一サービス内に追加することが可能です。

メガピクセル対応ネットワークカメラ  詳細資料のダウンロード

「高解像度デジタルネットワークカメラ」の詳細資料例

「メガピクセル対応ネットワークカメラ」の詳細資料をダウンロードできます。
下記の「詳細資料ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

防犯カメラ  総合カタログのご請求・製品のお問い合わせ

防犯カメラ製品全般を収録した総合カタログをご用意しています。ご希望の方は、下記「製品の資料請求」ボタンよりご依頼ください。
また、製品についてのお問い合わせ、お申し込み、お見積り依頼などをご希望の方は、「製品のお問い合わせ」ボタンよりお進みください。