ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

初期微動感知地震時管制運転(リスタート機能付き)

  • 標準装備仕様

初期微動(P波)と主要動(S波)

地震の初期微動を感知し、利用者の避難を誘導

地震発生時、強く揺れる主要動(S波)が来る前の、初期微動(P波)を感知し、最寄り階で自動停止。戸を開き、利用者の避難を誘導します。
主要動を感知しない弱い地震のときは、一定時間が過ぎた後、自動的に運転を再開。また、強い地震のときは、専門の技術者による点検が終わるまで、戸を閉じて運転を休止します。

地震感知時のフロー図

リスタート機能

地震時管制運転中に安全装置が動作し、階間に非常停止した場合でも、安全装置が復帰すれば最寄り階への運転を行います。閉じ込め被害を低減するための機能です。

停電時用の電源確保のため、停電時自動着床装置または自家発電源の設置が必要となります。

緊急地震速報利用地震時管制運転

  • 有償付加仕様

初期微動感知地震時管制運転に、気象庁発表の「緊急地震速報」を併用します。「緊急地震速報」の情報を受信すると、エレベーターは地震時管制運転に入り、運転中のエレベーターは最寄り階に着床して乗客の避難を誘導します。

緊急地震速報の受信装置は別途工事です。エレベーターへの指令はこの受信装置からの無電圧接点により発せられます。

停電時自動着床装置

  • 標準装備仕様

停電を検知→「停電」とかご内表示し、停電灯が点灯します→安全装置などの状態を確認→最寄り階に着床し、戸を開きます→一定時間後、戸を自動的に閉めます→停電が終わると、自動的に正常運転に戻ります

停電時、バッテリ運転に切り替え最寄り階へ

停電を検知した場合に動力電源をバッテリに切り替え、自動的にエレベーターを最寄り階まで運行して待機させます。自家発電設備のない建物において、停電時のかご内に閉じ込められる不安をやわらげます。

停電時低速継続運転装置*1

  • 有償付加仕様

停電を検知→「停電」とかご内表示し、停電灯が点灯します→安全装置などの状態を確認→最寄り階に着床し、戸を開きます→約10分間、低速で継続運転→約10分経過後、最寄り階に着床し、戸を開きます→一定時間後、戸を自動的に閉めます→停電が終わると、自動的に正常運転に戻ります

停電時、約10分間*2の継続運転を実現

停電発生時に安全装置などを確認した後、約10分間バッテリにてエレベーターを低速で継続運転します(定格速度45、60m⁄minのみ対応可能 )。

*1
停電時自動着床装置との併用はできません。
*2
使用頻度や積載負荷により、変動します。

万一の閉じ込めにも迅速に遠隔救出する、
“ヘリオスレスキュー”,“ヘリオスレスキューi”

  • 保全サービス機能

当社と保全契約を結んでいただくことによって、有償にて提供いたします。

万が一、故障により利用者がエレベーター内に閉じ込められた場合、管制センターからエレベーターを遠隔操作し、迅速に救出します。同時にメンテナンスエンジニアが緊急出動して、故障の点検・復旧を行います。

閉じ込め故障発生から故障復旧までのフロー図

エレベーターの状態により遠隔で救出できない場合があります。