ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

思うがままに目的階へ。
導くのはスマートナビゲーション。

乗る前も、乗ってからも、利用者がより高い満足度を得られるように。
「将来予測」という新しい視点を持った群管理エレベーター
「FI‐600」誕生。

   ビジネスシーンでも、生活シーンでも、人々をよりスムーズに目的階へ導く
スマートナビゲー ションを目指して。

複数台のエレベーターを、待ち時間に配慮してバランスよく運転させるのが群管理システム。
日立では、新たな知識処理応用技術によって
将来のエレベーター運行軌跡を予測し、
待ち時間のさらなる短縮を図る「将来予測目標ルート制御」(特許第4139819号)を開発し「FI‐600」に採用しました。
より多くの人に満足いただける移動環境を追求した群管理エレベーター、それが将来予測知能群管理エレベーター「FI‐600」です。

「FI‐600」