ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

「もしも・・・・」の時のために。
日立非常用エレベーターは、万一の消火・救出作業に活躍します。

   非常用エレベーターは、火災時に消防隊が消火作業および救出作業に使用するものです。
建築基準法により、高さ31mをこえる建築物に設置する事が義務づけられているほか、次の項目が特別に規定されています。

  • 消火作業に必要な器材を運ぶためのかご内法・出入口幅寸法
  • 消火のためのエレベーターホールの面積
  • 消火作業、救出作業を容易にするための配置上の制約
  • 消火作業上、ドアが開いた状態でも運転できる特別な考慮
  • 消防隊到着後、すぐに使用できるよう呼び戻しスイッチの設置
  • 非常用エレベーターである旨の標識など。

建築基準法34条、および令第129条の13の3に規定されている非常用エレベーターの機能を満足し、平常時は乗用、または人荷用エレベーターとして供する事ができるエレベーターを「日立非常用エレベーター」としてラインアップしました。

非常用エレベーター呼戻ボタン