ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

配置

  • 迅速に避難できるように、避難階における屋外への出口までの走行距離が、30m以内のところに設置する。

配置

  • 複数台設置する場合は円滑な避難および消火活動を確保するために有効な間隔を保って配置する。

配置

  • 炎や煙が回らないように、非常用と一般用エレベーターの間は耐火構造の壁、または特定防火設備にて区画する。

配置

乗降ロビー

具備すべき構造、装置は下記のとおりとする。乗降ロビー床面積 ≧ 10m²/1台

乗降ロビー

■乗降ロビーと昇降路の区画

本配置は所轄官庁への了承が必要です。

乗降ロビーと昇降路の区画

■機械室の区画

非常用と一般用は、それぞれの機械室に専用の出入口を設ける。

機械室の区画

機械室あり非常用エレベーターのみの規定となります。

必要台数

高さ31mを超える部分の床面積が最大の階の床面積が1500m²以下の場合1台、1500m²を超える場合は、3000m²以内を増すごとに1台ずつ追加する。

予備電源

非常用エレベーターには予備電源が必要となる。予備電源として自家発電装置を設置する。

電気配線

非常用エレベーターの動力線、監視盤用線、その他の引き込み線は排煙設備に設ける電気配線に準じる。