ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

火災時管制運転

建屋で火災が発生したとき、エレベーターを自動的に避難階に呼び戻し待機します。

かご内表示は、エレベーターの仕様により異なります。

遮煙性能付きエレベーター乗り場戸「スモークシャッ戸」

遮煙性能付きエレベーター乗り場戸「スモークシャッ戸」イメージ画像

建築基準法施行令の改正によって、2002年6月からエレベーターの昇降路を「遮炎性能」および「遮煙性能」を有する防火設備で防火区画する事が義務付けられました。
この法令改正に対応するため日立製作所では、エレベーター乗り場戸と三方枠、および乗り場戸と敷居とのすき間を気密材で密閉することで、エレベーター乗り場戸そのものに遮煙性能を持たせた「遮煙性能付きエレベーター乗り場戸」を開発しました。