ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

ヘリオスレスキューeye(双方向)

  • 標準仕様

スピーディーな遠隔救出に「見える」安心をプラス

万が一、故障により利用者がかご内に閉じ込められた場合、管制センターからかご内のインターホンとカメラ映像で状況を確認。
エレベーターを遠隔操作し、平均約3分で救出します。同時に専門技術者が緊急出動して、故障の点検・復旧を行います。

ヘリオスレスキューの流れ

エレベーターの状態により遠隔救出できない場合があります。

【POINT】双方向で顔や状況が見え、不安を軽減

遠隔救出時、かご内の液晶インジケーターに対応者の画像を表示。
対応者の顔が見えることで、利用者の不安を和らげます。

対応者が見えることで不安感を軽減

(注意)適用する監視回線の種別によっては、本機能をご提供できない場合があります。
メンテナンスサービス提供用カメラ、あるいは日立製かご内カメラがない場合は、本機能をご提供できません。