ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

スーパーヘリオスメンテナンスの高度な予兆診断

未来の状態に合わせたメンテナンス

カスタマーセンターに蓄積された過去の稼動データとの連携により、未来のコンディションを把握します。

遠隔診断・点検で得た診断データを、蓄積された過去の稼動データと比較し、変化値を割り出します。
現在のデータのみを見ていた従来の遠隔メンテナンスとは異なり、未来の稼動状態まで予測することが可能になりました。

スーパーヘリオスメンテナンスの遠隔診断・点検

エレベーターを安心してお使いいただくために重要な機器、安全装置を、ミリ単位で確実に診断します。
さらに、その結果に沿った専門技術者によるケアにより、性能を維持します。

ヘリオスサポート点検
点検機器 点検の目的 遠隔診断・点検
ブレーキ ブレーキの制動、保持能力を維持し、停止後の上昇や下降を確実に防止するため。 制動トルク診断
制動時距離測定
固渋(吸引・釈放状態)診断
安全装置 昇降路頂部・底部での行き過ぎ防止機能を維持し、衝突による機器破壊を確実に防止するため。 行き過ぎ防止スイッチ作動確認
行き過ぎ防止スイッチ取付位置診断
各階ドア
開閉状態
ドアの開閉異常による、エレベーター停止や利用者の閉じ込め故障を防止するため。 各階ドア開閉状態診断
各階ドア開閉時間診断
走行性能 エレベーターの走行性能を確実に維持し、安全にご利用いただくため。 定常走行状態・速度診断
起動状態診断
加速状態診断
減速状態診断
各階停止状態 各階停止時の段差発生を防止し、安全にご利用いただくため。 各階停止時の段差診断

診断結果に基づき、専門技術者が適切なメンテナンスを行います。

点検中でもエレベーターをご利用いただけます。*

遠隔診断・点検中に利用者が呼びボタンを押すと一時中断して通常の運転を行い、その後、遠隔診断・点検を再開します。ご利用者の利便性を損なうことがありません。

*
作業内容によってはご利用になれない場合もあります。

エレベーターリモートメンテナンスシステム(ヘリオス):特長

エレベーターリモートメンテナンスシステムの画面例

予知能力を身につけた高精度のリモートメンテナンスシステムは、故障の兆候を捉え、予防保全を行います。

エレベーターのきめ細やかな制御はマイコンが行っています。このマイコンから得られる情報を幅広く活用し、遠隔で自動診断することを可能としました。エレベーターリモートメンテナンスシステムは、お客さまの利便性を第一に考えた保全システムです。

特長

故障の兆候を捕え、すばやく対応します

エレベーターの運行状態をリアルタイムで把握し予防保全を行います。

メンテナンスによるエレベーターの停止時間が最小限になります

お客様のご指定の決められた時間帯に遠隔で自動診断運転を行い、各種性能データを測定・解析し、予防保全を行います。

万一の故障の際には迅速に処理します

故障前後の運行データを遠隔監視で分析し、原因究明と復旧を迅速に行います。

システム構成図

システム構成図

エレベーターリモートメンテナンスシステム(ヘリオス):機能

遠隔自動診断運転機能

自動診断運転

毎月、決められた時間に同一条件で自動診断運転を行い、各種性能データが遠隔で把握できます。

システム構成図

運行状態モニター機能

運行状態モニター

エレベーターの運行状態が遠隔でリアルタイムに把握できます。

  • エレベーター運行状態
  • 戸開閉装置の状態
  • 制御盤操作状態、他

運行状態モニター機能

故障時復旧支援機能

運行・シーケンスタイムチャート

故障前後の走行状態や各種信号の時系列変化が遠隔で把握できます。

運行・シーケンスタイムチャート

トラブルデータ解析

故障時に補足したトラブルデータを遠隔で自動分析し、複雑な故障の解明ができます。

トラブルデータ解析

エレベーターリモートメンテナンスシステム(ヘリオス):点検

遠隔診断・点検や専門技術者による点検結果は、カスタマーセンターに蓄積された過去の稼動データ・点検履歴データと比較され、その変化値を分析することで作業を実施します。これにより、次回の点検日まで快適なエレベーターの運行を実現します。

精密診断運転開始の指令の様子

スーパーヘリオスメンテナンスの点検

点検中の案内がより判りやすく

点検中の案内がより判りやすくの写真

遠隔診断・点検中および、専門技術者による点検中は、各階乗り場の階床表示機(デジタル)に案内が表示されます。エレベーター内の利用者へは音声案内でお知らせします。