ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

エスカレーターヘリオスメンテナンス

稼働を開始したその日から、起動時の自動診断を開始。
日々の変化を見逃さず、高精度なデータを収集できます。

毎日の起動時に約3秒間の緩速度自動診断運転で、稼働情報の収集と機器の自動診断を行います。稼働中もモーターの負荷情報から利用者の有無を判断し、利用者がいない時間は自動診断を実施。日々の診断により、機器の経年劣化を監視できるほか、いつも同じ条件下で診断することで、精度の高いデータを収集できます。

エスカレーターヘリオスメンテナンス

毎日同じ条件下で収集されたデータを蓄積・分析することで、より精密な予防保全を実現します。

人の目と機械の目が連携した、より精密なメンテナンスを実現。

毎日の起動時に約3秒間の緩速度自動診断運転で、稼働情報の収集と機器の自動診断を行います。稼働中もモーターの負荷情報から利用者の有無を判断し、利用者がいない時間は自動診断を実施。日々の診断により、機器の経年劣化を監視できるほか、いつも同じ条件下で診断することで、精度の高いデータを収集できます。

稼働状態を常に遠隔監視。緊急を要する予兆をとらえた場合も迅速に対応します。

ヘリオスによって、電話回線を通じてカスタマーセンターが稼働状態を常時監視。また、自動診断時に緊急メンテナンスが必要だと判断された場合や、安全装置が動作した場合はカスタマーセンターへ通報、専門技術者が急行し点検や整備、故障の復旧などを行います。

*
自動診断運転サービスは、(株)日立ビルシステムとリモートメンテナンス付き保守契約を結んでいただくことによって、有償にて提供いたします。