ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

エレベーターの日常管理が十分でも、利用者の方に誤った使い方をされては、故障ばかりか事故の原因にもなりかねません。未然に防ぐためにも適宜巡回し、利用者への指導を行ってください。当社では注意喚起の各種ステッカーを用意していますので、お気軽にお申し付けください。

利用者のための安全指導のイメージ画像

  • 地震・火災時にはエレベーターによる避難を禁止します。火災階で戸が開きかご内に延焼する危険があります。また、エレベーターに殺到し混乱する結果、大切な初期避難時間が失われます。
  • 万一かご内に閉じ込められたときは、無理に脱出しようとせず、インターホンで誘導します。かご内は密室にはなっていませんので、窒息のおそれはありません。
  • 小さなお子様は一人で乗せないでください。
  • かご内で跳んだり跳ねたりせず静かに乗ってください。突然停止する場合があります。
  • 戸にひもやコード類が挟まれないようにしてください。
  • 定員・積載量を守ってください。戸が開いたままかごが下降し、床との間に挟まれる場合があります。
  • 押しボタンはていねいに扱ってください。
  • 戸が閉じ始めたら無理に乗り込まないでください。
  • かご内は火気厳禁です。
  • 戸に手を触れていたり、こじ開けたりしないでください。
  • 乗り場付近でお子様を遊ばせないでください。