Loading...

Hitachi

90秒コンセプトビデオ

人に心地よいものだけが、都市を変えられる

一人ひとりに応えられる、をもっと。

夢は「使っていることさえ、気づかせない」システム。

都市での移動をより心地よいものにする
HUMAN FRIENDLYのコンセプトは、
デザインやテクノロジーなど、
人の無意識の行動に応える
インターフェースが
プロダクトとサービス、
それぞれの分野に
活かされることで形になる。

PRODUCT 「HF-1」
「HUMAN FRIENDLY」から生まれたコンセプトモデル「HF-1」

デザイナーに深澤直人氏を起用。
空間全体、細部のパーツに至るまで、丸みを基調としたデザインを採用し、
人に圧迫感を感じさせない空間に。

さらにエレベーター内の照明を「心地の質」の視点から改めて捉え直し、
乗った時に包まれるような安心感を感じられる場所へ。

あなたを思いやること、心地よくすること。
私たちの移動システムのイノベーションは、ここから始まる。

HF-1画像1
HF-1画像2
HF-1画像7
HF-1画像8
HF-1画像13
HF-1画像14
HF-1画像15
HF-1画像9
HF-1画像10
HF-1画像16
HF-1画像11
HF-1画像17
SERVICE

新しい心地よさを、
次々と。

エレベーター

混雑状況や車いす・ベビーカーの有無を判断し、エレベーターを効率よく運行する画像センシング技術を導入。
エレベーターかご内の状況を細かく読み取ることで、複数のエレベーターを常に最適な運行体制に制御し、混雑状況を緩和する。

エスカレーター

乗り込む人の歩行速度を検知し、自動で一時的に減速する「気くばりセンサー」を乗り口に設置し、よりスムーズで安全な使用を実現する。
さらに、万一の時にもゆっくりと停止する「ソフトストップ機能」や、ステップ上の立ち位置や段差をより見やすくする黄色いライン「フルデマケーションライン」、ズボンの裾の巻き込み、靴の引き込まれを防ぐための「スカートモール」や「段付きトレッド」を設置し、さらなる安全に貢献していく。

いつどんな時も、
スムーズな移動が
途切れないように。

移動に関わる先端技術

スマートフォン・スマートウォッチとの連携により、セキュリティゲートの通過をよりスムーズに。
さらに、行先階予約システムにより、待ち時間を短縮。
タッチレスキーを実用化することで、より快適な移動を可能とする。

24時間体制のカスタマーセンター

メンテナンスエンジニアの目と、最先端システムで、昇降機・ビル設備機器の稼働状態を24時間365日遠隔監視。
新たに、携帯電話などに用いる高速通信規格LTEを導入し、エレベーターかご内とカスタマーセンターとの映像による、より速くスムーズな双方向コミュニケーションを実現する。

INTERVIEW
深澤直人プロフィール
佐藤会長×深澤氏対談PDF
30秒TVCM ニュースリリース 90秒TVCM