ページの本文へ

リニューアル

設備に安定した電気を安全に供給するためにメンテナンスが欠かせない受変電設備ですが、たとえ各種メンテナンスで機器寿命を延命できても、経年による老朽化で性能は徐々に損なわれます。当社では、過去の豊富な実績に基づき、お客さまのメンテナンスデータから最適なタイミングでの機器の交換・リニューアル時期を策定・ご提案し、施工いたします。

機器交換時期について

参考資料 電気機器推奨更新時期

  • 上記推奨更新時期は、機能や性能に対するメーカの保証値ではなく、通常の保守・点検を行って使用した場合に機器構成材の老朽化などにより、新品と交換した方が経済性を含めて「一般的に有利」と考えられる時期です。
  • (社)日本電機工業会「汎用高圧機器の更新推奨時期に関する調査」報告書より抜粋

リニューアル事例

キュービクル交換(20~30年)

機器交換事例

高圧遮断機交換(20年)

高圧変圧器交換(20年)

保護継電器交換(15年)/補助継電器類交換(10~15年)

image