ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

日立の環境ビジョン

豊かな地球を次世代に引き継ぐために

日立グループは、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、長期的視点に立った環境経営の枠組みを策定。持続可能な社会の実現をめざし、事業を通じて環境問題の解決に貢献しています。

日立の環境ビジョン

ISO14001認証取得と日立ビルシステムの環境管理体制

当社は、ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)の認証を2002年4月に取得して以降、体系的な環境管理を推進しています。また、現在では、日立製作所ビルシステムビジネスユニットと一体となって環境マネジメントシステムを運用しています。

ISO14001認証取得と日立ビルシステムの環境管理体制

環境方針

当組織は、株式会社日立製作所ビルシステムビジネスユニット、および株式会社日立ビルシステムで構成され、当組織が管理している、または影響を及ぼしている、日本国内全ての活動、製品およびサービスを、ISO14001(環境マネジメントシステム)の適用範囲とする。

当組織は、昇降機、セキュリティー、省エネルギー、ビル管理システムに関わる事業(営業、研究・開発、設計、製造、据付工事、メンテナンス、リニューアル、ならびにソリューションサービス)を行っている。我々は、人々の活動を支える上記のような事業活動により、社会と深くかかわりを持っているという認識に立ち、「美しい地球を次の世代へ!」のスローガンのもとに、当組織で働く全ての人が一丸となって、地球環境を継続的に改善し持続可能な社会にするために、以下に示す活動に取り組む。

1.
環境マネジメントシステムを運用し、システムの継続的改善により、環境負荷の低減および社会貢献を行う。
2.
環境関連法規制および当組織が同意したその他の要求事項を順守し、かつ必要に応じて自主基準を策定し環境汚染を防止する。
3.
当組織内の環境維持向上のみならず、地域社会との連携を通じての環境改善や、生態系の保全に努める。
4.
当組織の事業活動、製品、サービスがかかわる環境に影響する要素について、以下の項目を重点課題として取り組む。
(1)
製品の原材料から、生産、使用、廃棄に及ぶライフサイクルにおける環境影響を最小にするため、環境に配慮した製品設計を推進する。
(2)
低炭素社会実現のため、以下を推進する。
  • 製品・サービスによるCO2排出量抑制への貢献
  • 事業活動にかかわる全エネルギーの削減(設備、事務機器、製品輸送など)
(3)
高度循環社会実現のため、以下を推進する。
  • 廃棄物発生量抑制と廃棄物リサイクルの高度化
  • 水の使用量抑制と使用効率向上
(4)
グリーン調達および環境負荷の少ない物質への転換のため、以下を推進する。
  • 製品、購入品に含有する有害物質の把握と削減
  • 生産工程で使用する有機溶剤の削減(塗料、シンナー等)
(5)
自然共生社会実現のため、当組織のあらゆる階層に環境教育を実施する。
5.
環境方針に従い、環境目的・目標の設定および見直しを行い、当組織で働く全ての人の総力をあげて環境管理活動を推進する。
6.
環境方針は、職場内掲示・教育などにより当組織で働く全ての人に周知する。
7.
環境方針は、当組織外部に積極的に公表する。

日立ビルシステムの環境への取り組み

環境マネジメント

  1. 日立製作所ビルシステムビジネスユニットと一体となった環境管理
  2. 全従業員に対するエコマインドの醸成

低炭素社会・高度循環社会の実現に向けた取り組み

  1. 省エネ法、東京都環境確保条例の遵守
  2. 廃棄物の適正管理

自然共生社会の実現に向けた取り組み

  1. 「荒川クリーンエイド」への参加
  2. 地域の環境ボランティア活動

環境マネジメント

日立製作所ビルシステムビジネスユニットと一体となった環境管理

日立グループは環境ビジョンの実現にあたって、事業経営における環境保全への取り組み方針を示した環境保全行動指針を定めています。
当社は、日立製作所ビルシステムビジネスユニットが定めた環境方針と、日立グループの環境行動計画に基づき策定した日立製作所ビルシステムビジネスユニットの環境行動計画を社内へ展開し、従業員一人ひとりが環境負荷削減活動に取り組んでいます。

全従業員に対するエコマインドの醸成

当社は、全従業員を対象にeラーニングを実施し、エコマインドの醸成を図っています。また、当社の人財開発センターが主催する職域・階層ごとの研修で環境教育を行っています。ISO14001内部監査員の資格認定教育も社内で実施しており、環境関連の各種資格取得支援も行っています。

主な環境関連保有資格

  • 特別管理産業廃棄物管理責任者
  • 甲種危険物取扱者
  • エネルギー管理士
  • 建築物環境衛生管理技術者
  • 公害防止管理者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 毒物劇物取扱責任者

低炭素社会・高度循環社会の実現に向けた取り組み

省エネ法、東京都環境確保条例の遵守

当社は、省エネ法、および東京都環境確保条例(総量削減義務と排出量取引制度)の特定事業者に該当します。法律や条例で定められたエネルギー使用量などの目標の達成に向けて、一人ひとりが日常業務で省エネを実践し、さらに省エネ投資も計画的に進めています。

また、日立グループの「エコファクトリー&オフィス」に、亀有総合センターは2012年に、水戸事業所は2013年に認定されました。

亀有総合センターの省エネ事例

  • LED・インバーター照明への更新
  • 窓への遮熱フィルム貼付け
  • 空調設備監視装置の導入
  • 屋上への遮熱塗料塗布
  • 太陽光発電設備の導入
  • 屋上緑化
  • 蓄電池設備の導入

水戸事業所の省エネ事例

  • 省エネルギー生産設備の導入
  • 高効率照明器具の更新(LED化)
  • 高効率省エネ機器への更新(空調機・トランス等)
  • 太陽光発電システムの発電効率向上
  • 電力監視システムによるエネルギーの見える化

製品・サービスへの環境配慮

日立グループは、さまざまな分野において、環境に配慮したプロダクツやサービスをお客さまに提供しています。当社も、環境に配慮したエレベーター、エスカレーターを提供しています。

廃棄物の適正管理

当社は、産業廃棄物を適正に処理することを目的に、電子マニフェストの運用を推進しています。
また、資源を有効利用するために、リユース、リサイクルを推進し、最終処分埋立率の削減を進めています。

自然共生社会の実現に向けた取り組み

「荒川クリーンエイド」への参加

新入社員教育の一環として、「荒川クリーンエイド」に参加しています。「社会貢献活動として河川敷の清掃を身をもって体験し、社会における企業の役割について考え、共同作業を通じてコミュニケーション力やチームワーク力を養う」ことを目的としています。

「荒川クリーンエイド」への参加

地域の環境ボランティア活動

北海道支社

環境ボランティア活動の写真
「北海道日立グループの森」で植樹活動

東北支社

環境ボランティア活動の写真
「千年希望の丘プロジェクト」植樹ボランティア

東関東支社

環境ボランティア活動の写真
柏市の環境活動団体「大堀川の水辺をきれいにする会」に参加

本社(東京地区)

環境ボランティア活動の写真
ワテラスタワー周辺の清掃活動

横浜支社

環境ボランティア活動の写真
「ハマロード・サポーター」に登録し、清掃・美化活動を実施

中国支社

環境ボランティア活動の写真
8月6日の平和記念式典を控えた
広島平和記念公園で環境美化活動

四国支社

環境ボランティア活動の写真
「日立グループの森プロジェクトin四国」で里山保全活動

この他にも、全国で数多くの環境ボランティア活動を実施しています。