ページの本文へ

環境への取り組み

環境マネジメント

日立の環境ビジョン

日立グループは、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、長期的視点に立った環境経営の枠組みを策定。持続可能な社会の実現をめざし、事業を通じて環境問題の解決に貢献しています。

日立の環境ビジョン

環境方針

「美しい地球を次の世代へ」をスローガンとし、持続可能な社会の実現およびSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献するため、以下の活動に取り組む。

  1. 環境負荷の継続的な低減活動を推進し、日立グループ環境長期目標「日立環境イノベーション2050」を達成する。
    • 【脱炭素社会】
      • バリューチェーンを通じて2050年度カーボンニュートラルの達成、2030年度CO2排出量50%削減(2010年度比)
      • 事業所(ファクトリー・オフィス)における2030年度カーボンニュートラルの達成
    • 【高度循環社会】
      • お客さまや社会とともに水・資源循環型社会を構築
      • 水・資源利用効率2050年度50%改善(2010年度比)
    • 【自然共生社会】
      • 自然資本へのインパクトの最小化
  2. コンプライアンスを維持し、環境汚染を防止する。

全従業員に対するエコマインドの醸成

全従業員を対象にeラーニングを実施し、エコマインドの醸成を図っています。また、職域・階層ごとの社内研修でも、環境教育を行っています。

脱炭素社会・高度循環社会の実現に向けた取り組み

省エネ法の遵守

日立ビルシステムは、省エネ法の特定事業者に該当します。エネルギー使用量削減などの目標達成に向けて、社員一人ひとりが日常業務で省エネを実践し、さらに省エネ投資も計画的に進めています。

エコファクトリー&オフィス

日立グループでは、オフィスや工場の環境に配慮した取り組みを評価し、目標を達成したオフィスを「エコオフィスセレクト」、工場を「エコファクトリーセレクト」と認定しています。日立ビルシステムでは、亀有総合センターが「エコオフィスセレクト」に、水戸事業所が「エコファクトリーセレクト」に登録されています。

エコファクトリー&オフィス

エコオフィスセレクト:亀有総合センター

認定区分
  • 再生可能エネルギーの活用(太陽光発電)
その他の取り組み
  • LED・インバーター照明への更新
  • 空調設備監視装置の導入
  • 屋上緑化
  • 窓への遮熱フィルム貼付け
  • 屋上への遮熱塗料塗布
  • 蓄電池設備の導入

エコファクトリーセレクト:水戸事業所

認定区分
  • 再生可能エネルギーの活用(太陽光発電)
  • 高効率照明の導入(LED照明)
その他の取り組み
  • 省エネルギー生産設備の導入
  • 高効率省エネ機器への更新(空調機・トランスなど)
  • 電力監視システムによる使用電力の見える化

グローバル研修センター
「BELS」最高位☆☆☆☆☆(5つ星)評価を取得 (*1)

2019年7月に、亀有総合センター内のグローバル研修センターが、「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」の最高位☆☆☆☆☆(5つ星)の評価を取得しました。

建物名
日立ビルシステム グローバル研修センター
竣工日
2014年2月
建物概要
地上6階・鉄骨造
延床面積
7,905m²
評価点
高効率空調・熱源設備の導入、窓ガラス複層化、LED照明・自然採光の取り入れ、太陽光発電設備など

日立ビルシステム グローバル研修センター

*1BELS認証制度とは(認証団体:住宅性能評価・表示協会)
「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)」の略称。国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく認証制度。一次エネルギー消費量をもとに第三者機関が省エネルギー性能を客観的に評価し、5段階の星マークで表示する。

BELS

グローバル研修センター 
使用電力のCO2排出量ゼロの実現

2020年4月より、亀有総合センター内のグローバル研修センターではグリーン電力(*2)ですべての電力をまかなっています。これにより、本研修センターの使用電力からのCO2排出量はゼロとなっています。

*2グリーン電力
東京電力エナジーパートナー(株)が提供するグリーン電力「アクアプレミアム(CO2を排出しない水力発電のみを電源とする電力供給プラン)」を採用。

ZEB化推進サポートへの取り組み

日立ビルシステムは、日立製作所と共に90年以上の歴史を持つビルシステム事業で培った技術と実績を基に、日立グループの強みであるデジタル技術を活用し、ZEB化に必要なプランニングから設計、施工、保全に至る一連の取り組みをワンストップでサポートします。
特にプランニングでは、製品の製造過程で培った省エネルギー技術をビルの管理や運用にも活用し、ビルの規模、用途、目的に適したZEB化の提案をめざします。

ZEBの定義

ZEBの定義

製品・サービスへの環境配慮

日立グループは、さまざまな分野において、環境に配慮したプロダクツやサービスをお客さまに提供しています。日立ビルシステムでは、「日立グループエコデザインマネジメント指針」を活用した環境配慮設計(エコデザイン)を、エレベーター、エスカレーターに適用しています。

エコプロダクツ&サービス

廃棄物の適正管理

産業廃棄物を適正に処理することを目的に、電子マニフェストの運用を推進しています。
また、資源を有効利用するために、リユース、リサイクルを推進し、最終処分埋立率の低減を進めています。

自然共生社会の実現に向けた取り組み

「自然共生サイト」認定を取得

30by30

日立グループでは2030年までに自国の陸域・海域の30%以上を保全・保護しようとする国際的な目標「30by30」に賛同し、取り組みを進めています。日立ビルシステムでは水戸事業所が生物多様性の保全が図られている区域である「自然共生サイト」として環境省から認定されました。

水戸事業所

水戸事業所では、事業所の全敷地の約20%にあたる9万7,800m²におよぶ緑地帯を有しています。サギ山地区と呼ぶ緑地帯は、高木林がまとまって維持・管理されている一方で、都市域にも関わらず外来種の侵入が少なく、ハヤブサなどの希少な生物が確認され、多様で健全な生態系が維持されています。

サギ山とG1TOWER

サギ山とG1TOWER

エレベーター研究塔にとまるハヤブサ

エレベーター研究塔にとまるハヤブサ

「荒川クリーンエイド」への参加

日立ビルシステムは、関東の水源の1つである荒川の豊かな自然を取り戻すため、河川敷のごみ拾いなどの活動を推進する特定非営利活動法人「荒川クリーンエイド・フォーラム」の活動に賛同し、2001年から荒川流域での河川清掃活動に参加しています。2015年からは新入社員研修に本活動を採用し、毎年およそ400人が数日に分かれて河川敷の清掃に参加しています。

「荒川クリーンエイド」への参加

地域の環境ボランティア活動

北海道支社

環境ボランティア活動の写真

「北海道日立グループの森」で植樹活動

東日本支社

環境ボランティア活動の写真

「千年希望の丘プロジェクト」植樹ボランティア

関東支社

環境ボランティア活動の写真

柏市の環境活動団体「大堀川の水辺をきれいにする会」に参加

本社

環境ボランティア活動の写真

日立ビルシステム本社が入居する「ワテラスタワー」周辺の清掃活動

水戸事業所

環境ボランティア活動の写真

ひたちなか市立市毛小学校で環境学習出前講座

横浜支社

環境ボランティア活動の写真

「ハマロード・サポーター」に登録し、清掃・美化活動を実施

中国支社

環境ボランティア活動の写真

8月6日の平和記念式典を控えた
広島平和記念公園で環境美化活動

四国支社

環境ボランティア活動の写真

「日立グループの森プロジェクトin四国」で里山保全活動

この他にも、全国で数多くの環境ボランティア活動を実施しています。

image