ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

定期整備は機器の性能維持・長寿化に大きく貢献します。

定期整備(オーバーホール)の重要性

管理者による「日常点検」は機器の正常な運転の維持に欠くことができません。しかしながら「日常点検」で見ることができない機器内部は、長時間の使用により、摩耗や汚れ、劣化等が進行し、故障の発生や、性能の低下を引きおこします。

効率の良い経済運転、故障の防止、機器の長寿命化を図るうえで、専門技術者による保全作業に加え、オーバーホールによる、より細密な点検整備をお奨めします。

定期整備(オーバーホール)の重要性

24時間365日、冷温水機を守ります。
安全な環境を維持するメンテナンスシステムをご提供します。

保全契約

ファンコイルユニットは室内温度調節の要です

付帯設備メンテナンス

空調機器は、熱源機を中心にいくつもの付帯設備が連動したシステムです。
快適な空調環境の維持には、これらの付帯設備すべてが良好な状態であることが必要不可欠です。

付帯設備メンテナンス

大型熱源機例

大型熱源機の写真
ターボ冷凍機
(中・大規模ビル、工場向き)

大型熱源機の写真
吸収冷温水機
(燃料:ガス、灯油、A重油)