ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

1990年以前に製造された日立製昇降機*1(エレベーター、エスカレーター(動く歩道含む))には、高濃度または低濃度のポリ塩化ビフェニル(以下、PCB)含有部品が含まれている可能性があります。

日立製昇降機においてPCB含有の可能性がある部品は次のとおりです。

  1. (1)高濃度PCB含有の可能性がある部品
    1972年以前に製造されたコンデンサー、照明器具用安定器の一部。(別表1参照)
  2. (2)低濃度PCB含有の可能性がある部品
    1990年以前に製造されたコンデンサー*2の一部。
*1
1991年以降に製造された昇降機製品については、PCBの混入はないと判断しております。
*2
低濃度PCB含有の有無については、各コンデンサーメーカーのWebサイトなどをご確認いただき、状況に応じて絶縁油のPCB分析調査をお願いいたします。
別表1 高濃度PCB含有部品*3
No. 品名 部品型式 装置、メーカー名
1

コンデンサー

(制御盤内)
DF トーエイ工業製
2

安定器

(照明器具用)

41-RH-15

41-RH-16

42-RF-15

42-F-15

42-F-16

日立製

HB-□□ プリンス電機製
末尾にN 大日本塗料製
*3
製造年が1973年以降であれば高濃度PCB含有は認められていません。

■PCB含有部品の判別、および低濃度PCBの混入についてのお問い合わせ先

  1. (1)当社とメンテナンス契約を結ばれているお客さまは、担当の支店・営業所までご連絡ください。
  2. (2)当社とメンテナンス契約を結ばれていないお客さまは、以下の窓口までご連絡ください。
    お問い合わせ窓口 カスタマーサポートセンター
    電話番号 0120-7838-99
    Webによるお問い合わせはこちら

ご連絡の際は、事前に昇降機製品および部品の情報(製造番号、製造年など)をご準備ください。
機種によっては調査に時間を要し、回答が遅くなる可能性がありますことをご了承ください。

調査の結果、PCB含有部品が確認された場合には、法令*に基づき、適正に処分することが義務付けられています。

*
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」、「電気関係報告規則」、「電気設備に関する技術基準を定める省令」