ページの本文へ

Hitachi

アーバンエースHF

Standard for the New Normal ニューノーマル時代のスタンダードへ。 日立エレベーター 誕生アーバンエースHFStandard for the New Normal ニューノーマル時代のスタンダードへ。 日立エレベーター 誕生アーバンエースHF

社会のあり方や毎日の生活様式が変容し、

新たなニューノーマルがつぎつぎに生まれています。

求められているのは、乗る人の心地よさを大切にしたビルに、暮らしに寄り添うデザイン。

先進の技術と新機能を盛り込み、

開発コンセプト「HUMAN FRIENDLY」を具現化した標準型エレベーター。

社会のあり方や毎日の生活様式が変容し、

新たなニューノーマルがつぎつぎに生まれています。

求められているのは、

乗る人の心地よさを大切にしたビルに、

暮らしに寄り添うデザイン。

先進の技術と新機能を盛り込み、

開発コンセプト「HUMAN FRIENDLY」を

具現化した標準型エレベーター。

Standard for the New Normal

ニューノーマル時代のスタンダードへ。

心地よさ
スタンダード

エレベーターに乗っている時間を、
どうしたらもっと快適なものにできるのか。
タッチレスやソーシャルディスタンスを、
どうしたらもっと何気ない、
ふだんの心遣いにできるのか。
心地よさをスタンダードにすることから、
かけがえのない日常は始まる。

心地よいクリーン空間
More
触れないという心地よさ
More

コミュニケーション
スタンダード

一人ひとりのための情報を、
きめ細かく案内するサービスと、
どこにいてもエレベーターの状態をみることが出来る。
上質なコミュニケーションが、
エレベーターのスタンダードになる。

言葉で伝えるコミュニケーション
More
どこにいても、エレベーターとつながっている。
More

安心
スタンダード

もしも大きな地震や、災害などにみまわれたとき、いちばんに考えたいのは利用者が安心できること。
被害をできるだけ抑える機能と、
早期に復旧させるテクノロジーで
「安心」を、スタンダードなものにしてゆく。

停止しても、1秒でも早い復旧を。
More
遠隔救出に「見える」ことの安心を。
More

エレベーターデザインの
スタンダード

新しいアーバンエースHFは、
美しい空間に包まれて昇降する
上質な体験をもたらします。
統一された色調、象徴的なサークル型照明、
凹凸のないフラットな空間や
高い視認性を確保したボタンなど、
緻密に作り込まれた標準型エレベーターの
デザインスタンダードです。

Designed by Naoto Fukasawa

Design Concept

CLEAN
シンプルでクリーンな
組み合わせ

側板/戸/天枠/操作盤...
すべての部位の色仕上げを統一した、
従来の「かご」にはないインテリア。
スタンダードかつオリジナリティのある
エレベーター空間をつくりだします。

側板/戸/天枠/操作盤=同系統色 側板/戸/天枠/操作盤=同系統色

CLASSIC
木目でシックな
組み合わせ

左右と奥の側板に木目柄を、
戸/前側板/天枠/操作盤にアルミナムシルバーを配色。
2つの「コの字」を組合わせたかご空間。
木目柄と明るいシルバーの組合せが
落ち着きと開放感のある
エレベーター空間をつくりだします。

側板=木目柄(ウッド)、天井/戸/前側板/天枠/操作盤/床=同系統色 側板=木目柄(ウッド)、天井/戸/前側板/天枠/操作盤/床=同系統色
デザインのこだわりデザインのこだわり

アーバンエース HF

カタログ