ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

居住者、特に女性やお子さまが
安全・安心・快適に住めるマンションの環境作りをお手伝いします。

まずは不正な侵入を集合玄関でチェック。次にエレベーターでもチェック。さらに、エレベーター内でもチェック。 防犯カメラのページへ

鍵を出さずにスムーズに認証できる「ハンズフリーセキュリティシステム」

ダブルセキュリティの動作の流れ
* 認証エリアは設置環境により異なります。

ハンズフリータグをカバンやポケットに入れておくだけ

自動認証、もしくは利用者がリーダーに手をかざすことでドアが開きます。荷物を抱えている時や急いでいる時など、カバンから鍵を出す必要がなく、快適に利用できます。

集合玄関とエレベーターで不正侵入防止  マンションセキュリティ「ダブルセキュリティ」

ダブルセキュリティの動作の流れ

集合玄関への入館を制限

居住者は、インターホンの受信機に非接触キーをかざして、オートロックを解除します。

ダブルセキュリティの動作の流れ

エレベーターの利用を制限

さらに、エレベーター乗り場およびエレベーター内の受信機に非接触キーをかざして、エレベーターの利用制限を解除し居住階へ運転を開始します。

本仕様を適用できるエレベーターは機種が限定されますので、詳しくは当社までお問い合わせください。

エレベーターのセキュリティ強化「防犯カメラシステム」

エレベーターかご内を24時間録画監視 『防犯カメラ』

エレベーターかご内の防犯カメラ写真

エレベーターかご内を24時間監視・録画することで、ご利用者に安心感を与え、さらにステッカーをかご内や乗り場に掲示することにより、犯罪やイタズラに対する抑止効果を発揮します。

エレベーターかご内の様子をいつでも表示 『乗り場ディスプレイ』

エレベーター乗り場に設置されたかご内映像を表示するディスプレイ

エレベーター乗り場にディスプレイを設け、かご内防犯カメラの映像を映すことにより、エレベーターが防犯対策していることをアピール。犯罪およびイタズラの抑止効果をさらに高めます。

エレベーターかご内の異常行動を監視する「ヘリオスウォッチャー」(オプション)

威嚇や暴力などの犯罪行為や閉じ込めの要因となる異常行動、急病や泥酔で利用者がしゃがみ込んだり倒れてしまった場合などのエレベーター内の利用者の滞留を検知すると、そのレベルを判定し、音声での呼びかけを行うとともに、緊急時にはエレベーターを最寄り階に自動停止させ、戸を開きます。

あばれ検知機能

あばれ検知の検知イメージ

滞留検知機能

滞留検知の検知イメージ