ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

防犯カメラ「故障警報装置」主な特長

故障警報装置

録画異常検知イメージ

カメラやレコーダーの異常で肝心な部分が録画されていなかった!というトラブルを抑止するのが「故障警報装置」です。
カメラの信号などが途絶えて未録画状態になると、ランプの点滅とブザーでお知らせするので、故障や異常に早く気づくことができます。
万が一の故障時はご連絡いただくと、最寄りのサービス拠点からエンジニアが出動し、修理する*など、迅速に対応します。

*
レンタル契約または保守・修理契約をいただいた場合のみの対応となります。

検知できる異常

  • カメラ故障やケーブル断線など、レコーダーへの映像入力信号の欠落
  • レコーダーのハードディスクの故障による、録画不能

防犯カメラ 総合カタログのご請求・製品のお問い合わせ

防犯カメラ製品全般を収録した総合カタログをご用意しています。ご希望の方は、下記「製品の資料請求」ボタンよりご依頼ください。
また、製品についてのお問い合わせ、お申し込み、お見積り依頼などをご希望の方は、「製品のお問い合わせ」ボタンよりお進みください。