ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

入退室管理業務をアウトソーシングでらくらく実現!日立ビルシステムの「入退室管理(オフィス向け)」なら、簡単・低料金で入退室管理が導入できます。 安心!24時間フルサポート。管理は日立カスタマーセンターにお任せ。 簡単!既存のカートをICカードに。ミューチップシールを貼るだけ。 安い!とってもリーズナブル。1ドア2.1万円〜のらくらく導入。 便利!幅広い拡張性で複数拠点も対応。ビル1棟・複数拠点もお任せ。

入退室管理業務のアウトソーシング

日立カスタマーセンターが24時間365日サポート!

土日・夜間など管理者不在時のカード紛失によるカード停止、またシステム操作方法の問い合わせなどを、日立カスタマーセンターが24時間サポートします。さらに、システム状態を24時間365日、日立カスタマーセンターで遠隔監視。万が一入退室管理機器に異常が発生した場合、必要に応じて最寄りのサービス拠点からエンジニアが緊急出動いたします。

24時間365日フルサポートのイメージ

FeliCa Liteシールを貼るだけで入退室カードに

既存のカードや社員証に「FeliCa Liteシール」を貼るだけ

「社員証があるし、入退室のために2枚目のカードは…」とお考えのお客さま。「FeliCa Liteシール」が解決します。社員証などに貼り付けて登録すれば、即入退室カードとして使用できます。

FeliCa Liteシールの特長図

FeliCa Liteシールの特長

  1. 安価:ICカードの約1/10のコスト
  2. シールタイプ:各種カードおよび社員証などに貼り付けて利用可能
FeliCa Lite シール仕様
仕様項目 詳細
タイプ 白色シールタイプ
寸法 W42×H26.5mm
方式 FeliCa Lite
周波数 13.56MHz
FeliCa カードリーダー、マルチカードリーダーにて認証が可能です。

社員証にFeliCa Liteシールを貼った例

社員証などに…

社員証などに貼り付けて登録すれば、すぐに利用可能です。FeliCa Liteを含む白色シールをカードの余白に貼れば、簡単に入退室カードになります。

お使いの社員証がICカードの場合、FeliCa Liteシールを貼り付けできないことがあります。

カード紛失時も、再発行に時間がかかりません!

カード紛失時には、予備の「FeliCa Liteシール」ですぐに使用できます。

カード回収の手間を省きます!

低料金なため社員の入れ替わりなどがあってもカード情報を抹消するだけで回収が不要であり、手間を省くことができます。

カードの追加・抹消時の行程図

「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触IC カードの技術方式です。

とってもリーズナブル

クラウド型(サーバーレス)だから低コストで導入できます!

日立カスタマーセンターで各種データを一括管理しますので、専用ソフトやサーバーが不要となり、初期費用を低減できます。さらに、初期費用なしの業務委託契約を1ドアからご利用いただけます。カードの使用許可・停止設定や扉の運用時間帯変更、履歴の確認なども、お手持ちのパソコンからインターネットを使ってアクセスすることで簡単に行えます。

サーバー設置型とクラウド型の累計費用比較グラフイメージ

業務委託契約

月々一定額のお支払いで導入可能な業務委託契約があります。

業務委託契約イメージ

業務委託契約なら1ドア月額約2万1千円から導入できます!

1ドアで月額約2万1千円から導入できます。インターネット回線で160ドアまでOK!

業務委託契約なら、1ドアで月額約2万1千円から導入できます。コントローラー1台で8ドア、コントローラーを増設することで最大160ドアまで拡張できます。

幅広い拡張性

複数拠点の管理ができます!

拡張性の高い入退室管理(オフィス向け)は、1ドアからの管理はもちろん、フロア、ビルまで段階的に拡張ができ、さらにインターネットを使って各拠点の設定や履歴の集中管理もできます。
各拠点用のカードを複数持つ必要が無く、異動の際にもカードの再発行が不要です。

複数拠点の管理イメージ

テナントや部門ごとに権限を付与し個別に管理可能

テナントや部門ごとに権限を付与た個別管理イメージ

共用部とテナントごとの専有部の入退室管理が個別に設定でき、各テナントの管理者に管理権限(利用する各機能制限含む)を付与することができます。これにより、カード管理や履歴管理などをテナントでも行えるので、テナントは自社の特性に合わせた運用が可能となり、ビル管理者の運用管理の手間も軽減します。

追加もカンタン、広がるサービス

クラウド型だから、エネルギー・セキュリティ・ビル管理の必要なサービスから導入し、後から他サービスを追加拡張することが簡単にできます。

追加もカンタン、広がるサービスイメージ

遠隔監視制御サービスイメージ

遠隔監視制御サービス

遠隔で設備の監視・制御
お客さまの設備機器を日立カスタマーセンターで24時間365日遠隔で監視します。
万が一の設備故障にも迅速にサポート
お客さまはインターネット上の管理画面で故障状況を確認することができると共に、故障発生時のメール配信でも確認ができます。設備機器の異常時は、必要に応じてエンジニアが緊急出動し一次対応を行います。

ビル管理サービスイメージ

ビル管理サービス

低コストで導入・運用
電気・空調・照明・防災設備などの監視、制御をクラウド型サービスにより実現し、最適なコストパフォーマンスで提供します。
お手持ちのパソコンで簡単管理
設備の発停操作・故障監視・スケジュール設定などが遠隔地にあるインターネット接続したパソコンから簡単にできます。複数ビルを一元管理でき、管理コスト低減を実現します。

省エネサポートサービスイメージ

省エネサポートサービス(省エネ管理)

エネルギー使用量の見える化
計測データを自動集計し可視化し、前月比較や目標値設定などで、傾向分析・省エネ促進ができます。
定期報告書作成支援
省エネ法対応で提出が必要な定期報告書の作成を支援します。

防犯カメラや指静脈認証など高度なセキュリティへ拡張ができます。

防犯カメラや生体認証装置と組み合わせることで、共連れやなりすまし・不法侵入の抑止をさらに強化します。

指静脈認証システム連動イメージ

指静脈認証連携

カード認証と併用し、指内部の静脈パターンで本人を認証することにより、さらにセキュリティを強化することができます。

防犯カメラシステム連動イメージ

防犯カメラシステム連動

防犯カメラシステムとの連携により、なりすましや共連れを抑止できます。また、入退室時のみの映像を画質や記録レートを上げて録画することで、より有効な映像を長時間録画することができます。

機械警備連動イメージ

機械警備連動

最終退室時の警戒セットで、夜間不在時の侵入監視が可能です。
既存の機械警備システムとも連携が可能です。

エレベーター連動イメージ

エレベーター連動

セキュリティ機器とエレベーターを連動することで、エレベーターの利用制限が可能です。カードをかざさないとエレベーターが利用できないので、部外者の使用を制限できます。