ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

クラウド型BEMS「BIVALE」で 省エネルギー・節電を

※BIVALE(ビヴァーレ):エネルギーをはじめ、セキュリティ・ファシリティの3つの管理業務をパソコンで統合管理できるクラウド型システムでBEMSの機能も併せ持っています。

こんな事でお悩みではありませんか? 省エネルギーしても続かないなあ 電気代が上がるとこまるなあ システム導入したいけど費用がかかるなあ 最近テナントから省エネルギー要望がおおいなあ
このようなことでお悩みがあれば・・・
BEMSなら電気料金値上げ・省エネルギー対策に「電力の見える化」と「省エネルギー自動化」で、節約と快適を両立する”賢い節電”をサポート

日立のBEMS4つのポイント

  • 1.「電力使用量の見える化」と「空調や照明の制御」により無理のない省エネルギー・節電を実現
  • 2.デマンド監視による契約電力増加を抑止
  • 3.「ビルオーナーや管理者、テナントなど様々な立場の方がデータ閲覧・遠隔操作が可能

BEMS(Building Energy Management System)とは、ビル等の建物内で使用する電力使用量等を計測蓄積し、導入拠点や遠隔での「見える化」を図り、空調照明設備等の接続機器の制御やデマンドピークを抑制・制御する機能等を有するエネルギー管理システムのことです。