ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

事業内容の概念図

昇降機

設計・製造

生産拠点となる生産統括本部(茨城)はグローバル・マザー工場として、時代の最先端をいく工レベーターおよびエスカレーターを製造。設計から試作・評価、加工・組立、そして検査までを高い精度で行い、お客さまの信頼に高品質な製品でお応えします。

据付

それぞれのビルに据え付けられてはじめて機能する設備機器。特にエレベーターやエスカレーターなどは、製品の最終組み立て部門として、綿密な工程管理のもと建築現場との息の合った連携のもと施工します。また、据え付け後は性能や安全面といったあらゆる角度から厳しい品質チェックを行い、お客様に確かな製品としてお届けします。

販売

ビル利用者の安全で快適な生活を支える各種設備機器。高齢化、複雑化する社会のニーズを的確に捉え、日立グループとの連携が生み出す総合力を基盤に高品質な製品をお届けします。

メンテナンス

ビルの機能、資産価値の維持は、確かなメンテナンスから。
日立ビルシステムでは、ITを駆使し、現状の稼動データを把握しつつ、綿密な長期計画に基づく予防保全でビルやマンションのニーズに応じたメンテナンスサービスを提供。常に一歩先を行く技術で、ビル機能をサポートします。

改造修理

どんなに優れたビルや設備機器も、年月の経過と共に老朽化が進みます。また、機能やデザイン面での社会的劣化といった問題は避けられません。リニューアルは資産価値の維持・向上を考えるうえでの大切なターニングポイント。省エネやユニバーサルデザインといった社会のトレンドを加味し、それぞれのビルに最適なリニューアルプランを診断データやお客様のニーズに基づきご提案します。

各種ビル設備の監視、制御並びにビル管理

ビルの管理者、オーナーの立場に立った技術者の厳しい目と最先端のコンピュータシステム。ビルの防犯・防災からビル設備機器まで24時間365日、見守るのが日立カスタマーセンターです。
地震・風水害など広域災害の発生に際しては、公共機関との連携をとり、全国サービス拠点への指示や情報を管理する総合指令所としても重要な役割を果たしています。

ビル設備機器、防犯・防災機器

犯罪が増加する時代背景、また大規模災害に備え、ビルに求められるセキュリティニーズは高まっています。日立ビルシステムは総合管理で培かったノウハウを基に、ひとつひとつのビルの特徴に応じたセキュリティ対策をプランニング。いつも安心して過ごせる環境づくりをサポートします。