ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

ほんとうの“使いやすさ”へ。

さまざまな場所に設置されるエスカレーターにとって、誰にとっても、どのような利用シーンにおいても、同じように快適に利用できることは、ずっと求められ続ける大きなテーマ。
VXシリーズでは、ふだんの利用時には気づかないような細部にまで、使いやすさの向上を目指したさまざまな工夫を施しています。

ユニバーサルデザイン

カバープレート埋め込みLED誘導表示器

視線を集め、やさしく導く、カバープレート埋め込みLED誘導表示器。 LED

LEDの光(発光色:赤または緑)により、乗り込み方向をガイドします。
(有償付加仕様)

運転方向表示器

乗り間違いの無いようガイドする、
運転方向表示器。 LED

LED表示により、運転方向や進入禁止などをお知らせします。
(有償付加仕様)

欄干Pタイプ、屋外・準屋外仕様には適用できません。

アプローチレーン

乗り降りを導くアプローチレーン。

乗り降りの際の動線をより明りょうにするために、カバープレート部分にステップへと導くアプローチレーンを設けました。ステップの横幅に合わせたパターンが、スムーズな乗り降りを誘導します。
(基本仕様)

気くばりセンサーイメージ
気くばりセンサー

乗り込みやすくなる速度切替機能。

エスカレーターの設置環境に合わせ、速度の切り替えを可能にする機能を2つご用意いたしました。小さなお子さま連れの方やご高齢の方でも、安心してご利用いただけるように、エスカレーターの速度を通常の30m⁄minから20m⁄minに切り替え、利用者の利便性向上を促進します。

・可変速運転システム

キースイッチ操作によってエスカレーターの速度を常時20m⁄minに設定することができます。
(標準装備仕様)

・気くばりセンサー

乗り口に設置したセンサーが、利用者の歩行速度を検知します。ゆっくりとした歩行速度を検知すると、自動で一時的に*エスカレーターの速度を20m⁄minに減速し、乗り込みやすくします。
(有償付加仕様)

一定時間経過後、通常運転に復帰します。

声でお知らせする、ICオートアナウンス。

音声により、エスカレーター利用者に乗り降り時の注意メッセージなどを案内します。設置用途にあわせた特殊放送文にも対応します。
(有償付加仕様)