ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

かご内防犯カメラの映像を、乗り場液晶インジケーターにも表示する。利用者の行先階が第三者にわからないように表示を消す。アーバンエースは、「見守られる」安心感と、「見せない」安心感の両方でセキュリティ面を強化します。

かご内防犯カメラ

  • 保全サービス機能

犯罪を抑止するカメラの目

かご内の状況を監視して、犯罪やいたずらを抑止します。
防犯カメラ映像をかご内液晶インジケーターに表示する機能*に加え、乗り場液晶インジケーターにもカメラ映像を表示できるようになりました。
かご内と乗り場の両方で「見られている」ことを強くアピールでき、犯罪抑止効果を高めます。

かご内液晶インジケーターへのカメラ映像表示と乗り場液晶インジケーターへのカメラ映像表示例

当社と保全契約が必要となります。

ヘリオスウォッチャー

  • 保全サービス機能

防犯カメラの映像とあらかじめ学習した平常時の画像を比較し、異常行動を検知

当社と保全契約を結んでいただくことによって、有償にて提供いたします。

“あばれ”検知機能

威嚇や暴力などの犯罪行為や閉じ込めの要因となる異常行動などを検知すると、そのレベルを判定。音声での呼びかけを行うとともに、緊急時にはエレベーターを最寄り階に自動停止させ、戸を開きます。

あばれ検知機能イメージ

“滞留”検知機能

急病や泥酔で利用者がしゃがみ込んだり、倒れてしまった場合などに、エレベーター内の利用者の滞留を検知すると、音声で呼びかけながら、エレベーターを指定階まで運転し、戸を開きます。

滞留検知機能イメージ

当社と保全契約が必要となります。
以下の場合は、ヘリオスウォッチャーは適用できません。
  • ・大型防犯ガラス窓を採用する場合
  • ・防犯ガラス窓を採用して、かつ、太陽光が入射する可能性がある場合
  • ・SL-12天井を採用する場合

シークレット運転

  • 有償付加仕様

シークレット運転解説イラスト

第三者に行先階表示を見せない配慮

シークレット運転時のかご内液晶インジケーター表示

かご内で行先階ボタンを3秒以上長押しすることで、乗り場インジケーターの階数表示を消灯した状態で運転します。第三者に行先階が知られるのを抑止します。

エレベーター停止階が2階床の場合は、シークレット運転は適用できません。
かご内防犯カメラ映像を乗り場に表示する際は、利用者の行先階が知られる場合があります。

大型防犯ガラス窓

  • 有償付加仕様

大型防犯窓写真

外からかごの中を見通せるようにして、安心感をプラス

戸に大型の窓を設けることによって、密室状態の不安を解消します。
利用者に安心感を提供し、防犯にも効果を発揮します。

大型防犯ガラス窓は、網入り合わせガラス(ドア面との段差なし)となります。

高音声センサー付き最寄り階停止運転

  • P型R型有償付加仕様

高音声センサーイメージ

防犯ブザーなどの音に反応して、最寄り階に自動停止

防犯ブザーや悲鳴などの大きな音を、かご上に設置した高音声センサーが検知すると、警報を発しながら自動的に最寄り階へ停止し、戸が開きます。

子どものはしゃぐ声などを検出する場合があります。

「BIVALE(ビヴァーレ)」連動セキュリティ

  • 有償付加仕様保全サービス機能

認証デバイスの認証キーとICカード

マンション管理システムを活用したセキュリティ

ビル設備をパソコンで簡単に監視・制御する「BIVALE(ビヴァーレ)」。アーバンエースでは、「BIVALE(ビヴァーレ)」の制御コントローラーを活用したエレベーターのセキュリティ機能を用意しました。居住者の持つ認証キー・ICカードなどの認証デバイスで、エレベーター乗り場の呼びボタン登録を一定時間有効とします。

居住者が帰宅したとき

居住者が帰宅した時の手順

来訪者が訪れたとき

来訪者が訪れた時の手順

「BIVALE(ビヴァーレ)」の概要

「BIVALE(ビヴァーレ)」は、ビルやマンションなどの管理業務を遠隔地からでもまとめて行えるプラットフォームです。
さまざまな設備につながるコントローラーを建物内に設置することでインターネットを経由してどこからでも管理が行えます。
複数拠点もまとめて一元管理でき、さらに日立カスタマーセンターでもビル設備を常時監視しています。

BIVALE(ビヴァーレ)概要図解

*1
サービス拡張時には、コントローラーやインターフェースの増設が必要となります。
*2
エレベーターについては、パソコンによる遠隔管理には対応しておりません。
*3
パソコンに必要なスペックは、当社までお問い合わせください。
*4
ご契約に応じて対応いたします。
*5
日立カスタマーセンターは、管制センター、データセンター、コンタクトセンターを合わせた総称で、施設の名称を表すものではありません。
当社と保全契約が必要となります。

ダブルセキュリティ

  • 有償付加仕様保全サービス機能

エントランスとエレベーターの二重のセキュリティ

エレベーターの認証に加え、エントランスの認証との連動によりさらにセキュアな環境を提供します。ハンズフリータグをリーダが自動認証し、集合玄関の自動ドアを開いたり、乗り場に受信機を備えることで、利用者の制限が可能となります。また夜間に居住階まで直行運転する機能なども付加できます。

居住者が帰宅したとき

集合玄関オートロック認証イメージ図

集合玄関オートロック認証

ハンズフリータグをカバンやポケットに入れておくだけで、リーダが自動認証して共用部集合玄関の扉が開きます。荷物を抱えている時も簡単に入館できます。

エレベーターホール認証イメージ図

エレベーターホール認証

エレベーターホールでは、ハンズフリータグをお持ちの方が、リーダに手をかざすことでホールボタンのセキュリティが解除され、エレベーターを呼べるようになります。

安心・便利な機能

帰宅時の駐輪場ゲートの開閉イメージ図

帰宅時の駐輪場ゲートの開閉

自転車での外出から戻った際も、ハンズフリーならスムーズに駐輪場へ入れます。

ハンズフリータグの電池切れ時のロック解錠イメージ図

ハンズフリータグの電池切れ時のロック解錠

万が一、ハンズフリータグの電池が切れてしまった場合でも、ハンズフリータグをセンサーにタッチすれば、オートロックが解錠できます。

用途に合わせて選べるハンズフリータグ/非接触キーとハンズフリーリーダイメージ図

ハンズフリータグ/非接触キー*を読み取り可能なハンズフリーリーダ

用途に合わせて選べるハンズフリータグ/非接触キーをお選びいただけます。

使用できる種類については別途お問い合わせください。
ダブルセキュリティシステムは当社と保全契約が必要となります。