ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

エレベーターの安全性は、乗り込む前から考えられています。センシング技術を駆使し、乗り込む前、乗り降りする時、乗っている時も、利用者をセンサーで検知。ドア周りの挟まれや戸袋への引き込まれなどを抑止し、安全性を高めます。

ケアフルセンサー(乗り場側利用者検知機能)

  • B型基本仕様
  • P型R型標準装備仕様

ケアフルセンサーのイメージ

乗り込もうとする人を検知して、乗り込み時の安全性を高めます

乗り場側へ向けてセンサーを設置。戸が閉まりはじめている時に、エレベーターに乗り込もうとする人を検知すると、再び戸が開きます。

乗り場に人が残っている場合、戸が閉まらないことがあります。また、センサーは、戸が閉まりきる直前には無効になります。
写真のビームはイメージです。

ラインキャッチセンサー付きマルチビームドアセンサー*1

  • 有償付加仕様

マルチビームドアセンサーとラインキャッチセンサー

ひも状の細いものの戸への挟まれを検知すると、戸を反転します

乗り降りする人を検知してドアへの挟まれを抑止するマルチビームドアセンサーに加えて、かご戸先端部分に「ラインキャッチセンサー」を設置。感圧センサーで、ペット用のリードや掃除機のコードなどのひも状の細いものが挟まれていないことを確認してからエレベーターを運転させます。

すくい上げ部で、「ひも」などをセンサー部分に誘導します。感圧センサーが「ひも」などを感知すると戸が開きます。太さ3mm以上のひもを検知可能。

*1
【 B型:マルチビームドアセンサー(基本仕様)、P型・R型:マルチビームドアセンサー(標準装備仕様)】
*2
変形して3mm未満の太さになるものは検知できない場合があります。
ラインキャッチセンサーの検知範囲は床面から高さ1.2mまでとなります。
写真のビームはイメージです。

ドアシグナル付きマルチビームドアセンサー*

  • B型標準装備仕様
  • P型R型有償付加仕様

マルチビームドアセンサーイメージ
ドアシグナル付きマルチビームドアセンサー

戸が閉まり始めるタイミングを、ドアシグナルの点滅でお知らせします

ドアシグナル写真

マルチビームドアセンサーに、戸の閉まり始めるタイミングをお知らせするドアシグナルをプラス。戸が閉まり始める約1秒前に戸先端のLEDが点滅を開始します。また、かご内の戸閉じボタンが押された場合には、戸が閉まり始めると同時に点滅を開始します。

【B型:マルチビームドアセンサー(基本仕様)
P型・R型:マルチビームドアセンサー(標準装備仕様)】
写真のビームはイメージです。

ケアフルドア(かご戸袋引き込まれ低減機能)

  • 有償付加仕様

ケアフルドアイメージ
「KIDS DESIGN AWARD 2008」かご戸袋部分へ、指などが引き込まれる事故を抑止する機能が評価されました

戸袋への引き込まれをケアしながら、ゆっくりと戸が開きます

戸が通常よりもゆっくりと開きはじめ、かご内の戸袋付近に近づく利用者の手や荷物などをセンサーが検知すると、音声案内*で注意を喚起します。

音声案内装置(有償付加仕様)が必要になります。
センサー検知の有無にかかわらず、本仕様を適用した場合、戸がゆっくり開きはじめます。
写真のビームはイメージです。