ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

「ナノイー」発生装置搭載エレベーター

エレベーターのかご室をより快適、清潔にする機能

近年の清潔志向の高まりを受け、日々、様々な人が利用するエレベーターのかご室内においても、より快適で清潔な空間がもとめられています。
日立では、エレベーターのかご室上に脱臭効果*のある「ナノイー」発生装置を組み込む仕様を準備しました。

*
約5.5m³の乗用エレベーター(15人乗りかご)での試験による40分後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。

水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」をかご室内へ放出することにより、快適なかご室空間を演出します。
(有償付加仕様)

「ナノイー」は、パナソニック株式会社の商標です。
実際の効果は、エレベーター内の状況・周囲環境(温度・湿度)などによって異なります。

「ナノイー」発生装置搭載エレベーターの概要

「ナノイー」発生装置搭載エレベーターの概要

エレベーターにおける脱臭効果試験

エレベーターにおける脱臭効果試験

* 臭気強度1ランクとは「やっと感知できる非常に弱いニオイ」レベルです。

●試験機関 : 株式会社日立パワーソリューションズ
<試験方法> … 乗用エレベーター15人乗りのかごにおいて6段階臭気強度表示法による検証。
<脱臭の方法> … 「ナノイー」を放出。
<対象> … メチルメルカプタンを放置し、その濃度変化を測定。

「ナノイー」技術とは

空中に飛び出した「ナノイー」が、ニオイ分子に届き、OHラジカルがニオイ※1の原因を分解します。
また「ナノイー」がアレル物質(花粉※2やダニ※3)や菌※4やウィルス※5に届き、 OHラジカルがアレル物質や菌やウィルスのタンパク質を変性させ抑制します。

※1
[試験機関]パナソニック株式会社 プロダクト解析センター [試験方法]250L試験空間で直接曝露し、6段階臭気強度表示法による検証 [脱臭の方法]「ナノイー」を放出 [対象]付着したタバコ臭 [試験結果]30分で臭気強度:0.8低減 [試験番号]E02-090313MH-01
※2
[試験機関]パナソニック株式会社 プロダクト解析センター [試験方法]45L試験空間で直接曝露しELISA法で測定 [抑制の方法]「ナノイー」を放出 [対象]アレル物質(花粉) [試験結果]2時間で99%以上抑制 [試験番号]E02-080303IN-03
 
※3
[試験機関]パナソニック株式会社 プロダクト解析センター [試験方法]45L試験空間で直接曝露しELISA法で測定 [抑制の方法]「ナノイー」を放出 [対象]アレル物質(ダニ) [試験結果]2時間で98%以上抑制 [試験番号]E02-080204IN-02
 
※4
[試験機関](財)日本食品分析センター [試験方法]45L試験空間で直接曝露し試験容器内の布に染み込んだ菌数を測定 [除菌の方法]「ナノイー」を放出 [対象]布に染み付いた1種類の菌 [試験結果]1時間でで99%以上抑制 [試験番号]第208120880-001号
※5
[試験機関](財)日本食品分析センター [試験方法]45L試験空間で直接曝露しTCID50(50%組織培養感染量)で測定 [ウィルス抑制の方法]「ナノイー」を放出 [対象]1種類のウィルス [試験結果]4時間で99%以上抑制 [試験番号]第208040534-001号

●「ナノイー」はウィルスなどを抑制する機能はありますが、感染予防を保証するものではありません。