ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

行先階予約システム「FIBEE」の特長

FIBEEロゴ

エントランス部のセキュリティゲート*1を通過、または乗り場に設置した装置で行先階を登録することで、乗車するエレベーターが割り当てられます。行先階ごとにまとまった配車を行なえるため、朝の出勤時間帯などにおける混雑状態の緩和に効果的です。さらに、毎日の運行状況を学習する機能により、ビルごとの混雑状態に応じた理想的な配車が行えます。

*1
セキュリティゲートは別途工事です。セキュリティゲートの仕様条件については、当社技術員にご相談ください。
*2
登録装置のラインアップはFIBEEカタログを参照してください。

従来の運転イメージ

各エレベーターに乗車した利用者が、それぞれの行先階をかご内で登録することで、停止階の重複が発生し、待ち時間を要する傾向にあります。

行先階予約システム「FIBEE」の運転イメージ

利用者があらかじめ行先階を登録することで、行先階ごとにエレベーターを割り当て利用者を集約。待ち時間の低減と運転効率の向上が図れます。

従来の運転イメージ→行先階予約システム「FIBEE」の運転イメージ

待ち時間低減効果

利用イメージ(10階に行きたい人がB号機を指定される場合)

利用イメージ
利用イメージ

建屋エントランス部のレイアウト例

建屋エントランス部のレイアウト例

行先階登録装置

行先階登録装置

行先階登録装置

登録装置入力方式

登録装置入力方式

行先階登録装置はCG合成です。実際とは色合いなど異なる場合があります。