ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

外観・内装写真

↓写真をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。↓

1階通路吹き抜け
1階通路吹き抜け
画像を拡大する

1階乗用エレベーターホール前通路
1階乗用エレベーターホール前通路
画像を拡大する

1階エレベーターホール(1)
1階エレベーターホール(1)
画像を拡大する

1階エレベーターホール(2)
1階エレベーターホール(2)
画像を拡大する

1階寝台用エレベーターホール
1階寝台用エレベーターホール
画像を拡大する

建物概要

正式名称
多摩総合医療センター及び小児総合医療センター
所在地
東京都府中市武蔵台二丁目8番4他
建物用途
病院
建築主
多摩医療PFI(株)
設計・監理
(株)日建設計
施工
清水建設(株)
構造
鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
階床数
地下1階、地上11階
竣工年月日
2009年9月末

建物外観

建物の特徴

「都立病院改革」の一環として都立病院の再編整備に取り組んでいる東京都病院経営本部がPFI手法を取り入れ、現府中病院を多摩地域の医療拠点となる「多摩総合医療センター」として、また、清瀬小児病院、八王子小児病院並びに梅ケ丘病院の3つの小児病院を移転統合し「小児総合医療センター」として府中市北部の多摩メディカルキャンパス内の、緑あふれる国分寺崖線に沿って建設されました。
新病院のデザインコンセプトは「森のホスピタル」。
高層病棟を持つ多摩総合医療センターと中層病棟から構成される小児総合医療センターがひとつの建物の中に融合し、それぞれが独立した医療機関でありながら、一部の施設を共用するなど効率的な施設運用を可能としています。
小児総合医療センターのエレベーターの特徴として、患者の緊急輸送を可能とする緊急呼び戻し運転機能が備えられ、また、配膳用に使用するエレベーターには専用運転が行えるようキースイッチによる切離し運転が可能となっています。

エレベーター仕様

合計納入台数:12

用途 台数
(台)
積載質量
(kg)
定員
(人)
速度
(m/min)
停止階
(サービス階)
備考
1 乗用 4 1000 15 90 B1,1〜7 車いすおよび
視覚障がい者仕様
2 寝台用 3 1000 15 90 B1,1〜7 二方向出入口、
緊急呼び戻し
運転機能
3 寝台用 1 1350 20 90 B1,1〜7 二方向出入口、
緊急呼び戻し
運転機能
4 乗用 1 1000 15 45 1,2  
5 寝台用 1 750 11 90 B1,1〜7 キースイッチによる
切り離し運転が可能
6 人荷用 1 850 13 60 B1,2,3  
7 人荷用 1 850 13 60 B1,3