ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

なぜリニューアルが必要なの?

エレベーターを進化させるリニューアル

制御機器のマイクロコンピューター化、電動機制御のインバーター化など、エレベーターの制御技術は日々進化しつづけています。乗り心地の改善や故障の低減、さらには省エネルギー化によるランニングコストの低減など、リニューアルによりエレベーターの安全性や経済性の向上が図れます。

万が一の故障でも停止時間を最小限にするリニューアル

メンテナンスの画像

エレベーターは数万点におよぶ部品から構成されており、その部品の製造期間は通常で約20年程度となっております。当社では部品の確保には鋭意努めておりますが、エレベーターの経年が進み部品確保が難しい場合、不足部品の代替製造等が必要となり、ご不便をおかけしてしまうことが考えられます。リニューアルはこうした旧部品の調達に想定される長時間停止を最小限にし、より快適に、より安心してご利用いただけるエレベーターとして生まれ変わります。

イメージアップにつがなるリニューアル

かご内のイメージアップの画像

ビルやマンションの顔ともいえるエレベーター。長年使用していると、塗装部分の傷などにより見映えが悪くなってきます。ビルのイメージに合わせた最新のデザインを導入したリニューアルで若返りが図れます。

福祉社会にも対応するリニューアル

福祉社会の画像

乗り心地、着床精度が向上するとともに、車いすご使用の方の使いやすさ向上、目の不自由な方への配慮など、リニューアルで福祉社会に対応した機能を装備することができます。