ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

スーパーヘリオス

24時間365日、
高度な遠隔点検・診断により、
確かなメンテナンス品質をお届けします。

お客さまのエレベーターを遠隔で監視・診断し、1台1台の稼働データを収集・解析することで、それぞれのエレベーターに最適なメンテナンス計画を構築します。
また、新しいヘリオスは遠隔点検機能を追加し、更に品質向上と停止時間のミニマム化を両立した高度なシステムです。

新スーパーヘリオスメンテナンスの特長

「遠隔監視・診断」から「遠隔点検」へ進化

専門技術者の点検を主体に、遠隔知的診断装置(ヘリオス)の遠隔監視・診断でサポートする従来の点検では、点検と点検の間で故障が発生する可能性がありました。新スーパーヘリオスメンテナンスではITを駆使し、24時間365日、常に遠隔で点検が行えるように構築。切れ目なく安全・安心な環境をご提供します。

従来保全と遠隔保全のイメージ

異常の早期発見精度が向上

従来、現地で専門技術者が目視などの五感で行っていた点検をIT化することで、ドアの開閉状態や開閉を司るベルトの緩みなどを0.1mm単位で定量的に計測。
異常の早期発見精度を向上させ、異常が起こる前に修理を行う「予防保全」の品質が向上します。

見えない部分の点検はITで診断

機械室レスエレベーターは昇降路の省スペース化などのメリットがある反面、非常に複雑な構造のため、メンテナンスを行うスペースが限られています。
特にブレーキなどの動作状態は、かごを固定しなければ目視で確認できない点検でした。
新スーパーヘリオスメンテナンスは、目視で確認ができない部分も遠隔で点検を行い、現地では専門技術者がメンテナンスコンピューターを用いて定量的な調整を行うなど、高品質な保全をご提供します。

予防保全の品質を向上

万が一のトラブルにも、遠隔自動解析によって迅速な復旧対応を行います。

遠隔故障原因解析

故障時の運行データを自動的に収集・解析し、原因を突き止めてフィールドエンジニアに連絡。従来に比べ、復旧時間の短縮が可能です。

遠隔軽故障復旧

故障時の運行データを自動的に収集・解析し、復旧可否を判定。部品の交換や調整を必要としない軽度の故障については、遠隔操作で仮復旧させます。

診断結果は、お客さまにわかりやすく報告します。

自動診断運転の診断結果や、フィールドエンジニアによる点検の内容と結果は、メンテナンスレポートでお客さまに毎回報告します。