ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

エスカレーターの安全なご利用について

利用者への注意事項

小さなお子さまは、保護者が手をつないで乗ってください。

小さなお子さまは、保護者が手をつないで乗ってください。

手すりに手がとどかない幼児、低学年の児童や高齢者は、付添者が手をつないで、黄色い線を踏まないで乗ってください。また、手すりにやっと手がとどくお子さまは、スカートガードに触れていると隙間に挟まれるおそれがあります。

ステップの黄色い線の内側に乗ってください。

ステップの黄色い線の内側に乗ってください。

ゴム靴やビニール靴などをスカートガードやステップのライザーに押しつけていると、スカートガードとの隙間、ステップの隙間やくしの部分に挟まれるおそれがあります。

手すりから体を乗り出さないでください。

手すりから体を乗り出さないでください。

手すりから体を乗り出していると、天井、三角部ガード板や壁などに頭を挟むおそれがあります。

ベビーカー・車いすなどは乗せないでください。

ベビーカー・車いすなどは乗せないでください。

ベビーカー買い物カートや車いすをエスカレーターに乗せることはやめてください。停電などでエスカレーターが急停止した場合、落下や転倒のおそれがあります。

手すりにつかまってください。

手すりにつかまってください。

手すりにつかまっていないと停電などでエスカレーターが急停止した場合、転倒するおそれがあります。

ステップの上を歩いたり、走ったりしないでください。

ステップの上を歩いたり、走ったりしないでください。

エスカレーターの上を走ったり、歩いたりして階段がわりに上り下りしないようにしてください。乗客が多い場合は、他人に当たって押し倒すおそれがあります。

ガラス(またはパネル)に寄りかかって乗らないでください。

ガラス(またはパネル)に寄りかかって乗らないでください。

転倒してケガをしたり、衣服を引っかけたりするおそれがあります。

手すりやステップに物を置いて乗らないでください。

手すりやステップに物を置いて乗らないでください。

手すりやステップに物を置いて乗ると、物が滑ったり、落下することがあり、他の人にケガをさせるおそれがあります。

ガラス(またはパネル)に硬いものをあてないでください。

ガラス(またはパネル)に硬いものをあてないでください。

ガラスやパネルに硬いものを当てたり、こすったりするとキズがついたりガラスが割れたりするおそれがあります。

丈の長いスカートや着物などで乗るときは、裾がステップやスカートガードにさわらないようにしてください。

丈の長いスカートや着物などで乗るときは、裾がステップやスカートガードにさわらないようにしてください。

ガラスの隙間やデッキ部などに引っかかったり、挟まれたりするおそれがあります。

エスカレーターで物を運ばないでください。

エスカレーターで物を運ばないでください。

特に長い物を持って乗ると、ステップと天井の間に挟まってロックするなど思わぬ事故を起こすおそれがあります。荷物を運ぶときは、エレベーターまたは階段を利用してください。

踏面のクリートなどに先の細いものを差し込まないようにしてください。

踏面のクリートなどに先の細いものを差し込まないようにしてください。

ステップの溝やステップの隙間、ステップとスカートガードの隙間などにピンヒールや傘の先など細いものを差し込むとクリートやくしが破損することがあります。

エスカレーターでは喫煙しないでください。

エスカレーターでは喫煙しないでください。

タバコは灰皿に捨ててから乗るようにしてください。火種がステップの隙間からエスカレーターの内部に落ちると火災の原因になります。

くつ底が濡れていると滑るおそれがあります。足元に注意してください。

くつ底が濡れていると滑るおそれがあります。足元に注意してください。

雨の日などは、滑ることがありますので手すりにおつかまりください。

1枚のステップに3人以上乗らないでください。

1枚のステップに3人以上乗らないでください。

黄色い線を踏んで乗るようになりますので、同じステップに3人も4人も乗らないようにしてください。