ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

ハンドレール(手すり)の手入れ

  • ふだんは柔らかい布でこまめに拭き、軽い汚れがある場合は布に水を含ませて拭いてから乾拭きして、完全に水気を取ります。
  • 手あかや油等の汚れを拭き取る場合、消毒をする場合は当社の「日立ハンドレールクリーナー」を使用してください。
  • くし、デマケーション、ハンドレール(手すり)入り込み口、パネル縁等のプラスチック部品は中性洗剤で清掃してください。

使用不可の洗剤

  • 硫酸類
  • ベンゼン類
  • アセトン類
  • シンナー類
  • トルエン類
  • メタノール類
  • アルカリ性洗剤
  • 塩素系洗剤
  • 可性ソーダ
  • 塩素類
  • アンモニア類
  • ガソリン類
  • アルコール類
  • 床掃除用ワックス
  • 油類

エスカレーターの清掃・お手入れのイメージ画像

ステップ/くしの手入れ

クリ−トの溝に小石やガムなどが挟まっているときは、エスカレーターを止めて取り除きます。放置しておくとクリートやくしの歯が欠け、靴が挟まれるなど事故の原因になることがあります。

すべり剤の塗布

2カ月に1回程度、エスカレーターを止めて当社指定のすべり剤を塗布します。スカートガードやライザー部の表面の滑りが良くなり、靴などが挟まれにくくなります。

パネル/デッキカバーなどの手入れ

ふだんは柔らかい布でこまめに拭き、軽い汚れがある場合は布に水を含ませて拭いてから乾拭きして、完全に水気を取ります。

カバープレート/コムプレート

乗降口は通路になりますが、エスカレーター機械室の上ぶたを兼ねています。ビル清掃の際などは、機械室に水を入れないようにしてください。