ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

インターホンは非常時の連絡装置として、かご内と管理室等の外部を結び、利用者を落ち着かせ不安感をやわらげたり、より安全な誘導をする大切な役割があります。取扱いに慣れておき、エレベーター運転中はインターホンが設置されている部屋に誰か常駐するようにします。

インターホンの取り扱い時のイメージ画像

インターホンが鳴ったら
ただちに受話器を取って話します。応答がない場合はかごが正常に動いていることを確認します。

管理室からかご内へ連絡するとき
受話器を取ってそのまま話してください。エレベーターが2台以上あるときは、受話器を取ってから該当するエレベーターの号機選択ボタンを押してから話します。

受話器は正しい位置にセットしておいてください。
受話器が完全にセットされていない(外れている)と、電池を消耗して呼び出し及び通話ができなくなりますので、受話器はいつも正しい位置にセットしておいてください。

直接通話機能付の場合
一定時間受話器を取らない状態が続くと当社管制センターへ転送され、かごの中の利用者と当社管制センターの技術者とで話すことができます。