ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

2017年8月1日

昇降機のメンテナンスサービスをフレキシブルに選べる
「ビルケアパック」を提供開始

株式会社日立ビルシステム(取締役社長:佐藤寛/以下、日立ビルシステム)は、事業コンセプト「HUMAN FRIENDLY」に基づき、お客さまの多様なニーズにお応えするため、昇降機のメンテナンスサービスを、昇降機の基本性能を維持するための基本サービスと、より高い安心感や快適性を提供する高付加価値サービスの二つに体系化した「ビルケアパック」を、2017年10月から提供開始します。

「ビルケアパック」は、お客さまのビルに納められた昇降機を24時間365日休みなく監視、診断する「ヘリオスメンテナンス」を基本サービスとし、これにお客さまが必要とするサービスを柔軟に選択できるようにしたものです。「ヘリオスメンテナンス」は、昇降機に設置された遠隔知的診断システム「ウルトラヘリオス」をIP回線で接続し、切れ目のない遠隔点検を行います。日立ビルシステムは、この機械化保全サービス*1を2015年から提供しており、今回の「ビルケアパック」はそのお客さまを対象としています。例えば、地震発生後に停止中のエレベーターを仮復旧させる「ヘリオスドライブ」など、お客さまにとってより付加価値のあるサービスを追加選択できる商品体系とすることで、サービスメニューを多様化し、お客さまの保全コストに柔軟に対応することを目的としています。また、従来紙片で配付、管理していたメンテナンスレポートに代わり、Webサイトで確認ができる「ヘリオスWeb」を新サービスとして提供するほか、エレベーターの制御の一部や、かご内液晶インジケーターの表示をお客さま自身で設定できるサービス(旧名:ビルケアねっとサービス)を「ヘリオスコントロール」「ヘリオスインフォメーション」の二つに分割し、お客さまがより選びやすいサービスメニュー体系としました。

日立ビルシステムは、これまで昇降機の保全業務を通じて蓄積してきた、昇降機の稼働情報や点検記録、故障履歴などから成る膨大なデータベースと、これまで独自に開発してきた遠隔知的診断システム「ヘリオス」を融合することで、従来専門技術者が行っていた機能点検を、24時間365日遠隔で点検できる機械化保全に進化させながら、メンテナンスサービスの提供を行ってきました。そして、現在では保全のIoT化と専門技術者の熟練した技能を融合させ、昇降機が故障する前に予兆を検知し対処する予防保全技術の開発に努め、安全と品質を追求しています。

写真
24時間365日昇降機を見守る日立カスタマーセンター

今回提供を開始する「ビルケアパック」は、こうした高度な予防保全技術に裏づけされて進化を続ける「ヘリオスメンテナンス」を基本サービスに、遠隔診断・遠隔操作という特長を生かした、より高付加価値なサービスを、お客さま自身のニーズに合わせて選択できる仕組みとします。

「ビルケアパック」の概要

1.サービス体系

昇降機の基本性能を維持するための「ヘリオスメンテナンス」を基本サービスとし、高付加価値サービスの中からお客さまが必要なサービスを任意に追加、選択することができます。

(1)基本サービス
No. 区分 サービス 概要
1 品質 ヘリオスメンテナンス 「ウルトラヘリオス」による遠隔機械化保全と、専門技術者が調整作業等で納入先に出向いた際に使用するメンテナンス支援用タブレット「スーパーキャリコン−Ⅲ」*2を活用して、昇降機の基本性能を維持・管理するベーシックなサービス。
(2)高付加価値サービス*3
No. 区分 サービス 概要
1 安全
安心
ヘリオスレスキューeye 閉じ込め時に、日立カスタマーセンターでかご内映像と音声通話で状況確認し、遠隔で救出。
2 ヘリオスドライブ 地震による運転休止の際に、自動診断運転により状態確認し、専門技術者が到着前に仮復旧。
3 ヘリオスレコーダー*4 かご内カメラ映像を記録し、Webサイトから映像をダウンロードし確認。
4 ヘリオスウォッチャーi カメラ映像と重量センサーを組み合わせ、あばれ等の異常行動を検知し、注意喚起。
5 快適
便利
ヘリオスコントロール*4 利用状況に合わせ、エレベーターの制御やスケジュールを設定。
6 ヘリオスインフォメーション*4 かご内液晶インジケーターにお客さま作成のメッセージなどを選択表示。
7 ヘリオスWeb*3【新規】 メンテナンスレポートをWebサイトで確認。

2.専用ポータルサイトの活用

ビルケアパックのうち、「ヘリオスコントロール」や「ヘリオスWeb」などお客さま自身で設定・閲覧するサービスは、お客さま専用の会員制ポータルサイトを使って行います。例えば「ヘリオスWeb」を利用する場合は、お客さまが専用ポータルサイトにアクセスし、昇降機のメンテナンスレポートをWebサイト上で確認できるほか、最大5年分のレポートを検索・閲覧できるため、ファイリング・保管場所が不要となります。また、昇降機の維持管理上の注意事項をまとめた管理ブックの最新版や、最新の関連法令、便利なお役立ち情報なども確認することができ、今後随時新しい情報を拡充していきます。これらの情報は、PCのみならず、スマートフォンやタブレットからも閲覧することができます。

日立ビルシステムでは、製品、サービス全般に関する事業コンセプト「あなたを思いやること、心地よくすること HUMAN FRIENDLY」の具現化に取り組んできましたが、今回の新サービスもその一環です。今後は、IoTプラットフォーム「Lumada」を活用したデータ解析を推進し、予兆保全の高精度化など昇降機保全業務のサービス高度化に努めます。

*1
部品交換や調整作業等については専門技術者が納入先に出向いて作業を行います。
*2
昇降機と接続し、稼働データの抽出や、診断運転の確認、トラブル発生時の対応方法の確認と指示などを行います。
*3
サービスによっては対象となる昇降機の機種が限定される場合があります。
*4
専用ポータルサイトから、お客さま自身が操作・設定するサービス。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立ビルシステム カスタマー・サポートセンター
TEL:0120-7838-99 (フリーダイヤル)