ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

全国お客さま探訪:美食と眺望、多彩な温泉施設を満喫できるリゾートホテル

有馬グランドホテルの地図

有馬グランドホテル

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1304-1
TEL.078-904-0181

アクセス

  • 電車:三ノ宮または新神戸から神戸電鉄谷上と神戸電鉄有馬口を経由。有馬温泉駅よりマイクロバスによる送迎
  • 車:大阪市内、阪神南地域からの場合 芦屋から芦有ドライブウェイ経由
  • 車:北大阪、京都方面からの場合 中国自動車道 西宮山口JCTから、阪神高速 北神戸線で西宮山口南IC 下車。有馬山口線(バイパス)

有馬温泉は1300年以上の歴史を持つ日本三古泉の1つ。豊臣秀吉や黒田官兵衛が湯治に訪れ、体を癒したという温泉は今もふんだんに湧き出ています。また、有馬三山の雄大な自然に抱かれた場所ながら、三ノ宮や新神戸から車で30分、大阪駅からも1時間以内とアクセスがいいのも有馬温泉の魅力です。

有馬温泉街の中でも高台に位置する「有馬グランドホテル」は、優雅なリゾートホテルとして人気を博しています。

丹波の山を見渡す展望風呂で金泉と銀泉を満喫

写真
3300m²の空間に広がるアクアテラス&スパ「ゆらり」

「お客さまが一番の楽しみにされているのは、最上階の9 階にある展望大浴苑『雲海』です。眼下に有馬温泉街、かなたに丹波の山並みを見渡す眺望に加えて、金泉と銀泉という泉質の違う温泉を堪能していただけます」と、営業企画室の畑慎介氏。

鉄分を含む金泉は、空気に触れると赤茶色に変化するため、こう呼ばれています。濃厚でまったりした金泉に比べ、銀泉は無色のラドン泉でさらりとした肌触りが特色になっています。

このホテルには、家族風呂やプライベートスパなど多彩な温泉施設が用意されていますが、お薦めは、3300m²の規模を誇るアクアテラス&スパ「ゆらり」。大浴場や露天風呂をはじめ、様々な施設が充実しています。水着で楽しむアクアテラスには、水中歩行プールや温湯ジャグジー、ミストサウナなどがあり、希望でスタッフによる指導を受けることもできます。

写真
有馬温泉街を一望できる高台に建ち、回遊式庭園やガーデンプールなども充実している

写真
9階の展望大浴苑「雲海」。丹波の山に囲まれた有馬の町が望め、金泉と銀泉を堪能できる

人気のプラン「季節のおもてなし」女性にはバラ風呂も

写真
10畳の和室に有馬の山々が一望できる広縁がついた「中央館和室」

写真
一番人気の「季節のおもてなし」。先付けからフルーツまでの13品に旬の食材が盛り込まれる

温泉施設以外にも魅力は満載です。ホテルの人気ナンバーワンプランは、黒毛和牛と旬の食材を味わう「季節のおもてなし」。春は瀬戸内海の鯛や淡路産活け蛸、筍などの食材を使った、目にも鮮やかな料理が供されます。

また、洋食や中華、和食などホテル内のレストランで夕食を味わうプランもあり、1日5組限定の「本格中華オーダーバイキング」が好評です。

イベントも充実しており、「塩分を豊富に含む金泉500mlから実際に塩を作る『金泉塩作り体験』は人気です。ほかにも、水曜日に地下2階の女性浴場を『バラ風呂』にしたり、コンサートや落語を催したりするなど、様々な企画を展開しています」(畑氏)

温泉街に花があふれ、旬の食材がそろう春、有馬グランドホテルで家族や友人たちとリゾートを満喫してはいかがでしょう。

太田 長夫 氏

有馬グランドホテル
経営戦略本部 営業企画室

畑 慎介 氏

2011年にオープンした「アクアテラス&スパ」をはじめ、入浴とランチ、ディナーも日帰りでお楽しみいただけます。大阪駅からも1時間以内の便利な場所にありますので、お気軽にご利用いただければと思います。

有馬温泉周辺で花を愛でる

【Pick Up !】
有馬温泉周辺で花を愛でる

有馬温泉は、江戸時代から桜の名所。有馬川沿いのソメイヨシノや、樹齢200年を超える善福寺のしだれ桜などがあり、毎年4月上旬には「有馬温泉さくらまつり」が開催されます。また、有馬温泉から灘方面へ続く「裏六甲ドライブウェイ」は、別名「あじさいロード」と呼ばれるあじさいの名所。見ごろとなる6月には少し足を延ばしてみたいものです。