ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

全国お客さま探訪:平安文化が薫る壮大なテーマパークお休み処では郷土の美味を満喫

歴史公園 えさし藤原の郷

歴史公園えさし藤原の郷

〒023-1101 岩手県奥州市江刺区岩谷堂字小名丸86-1

TEL.
0197-35-7791

アクセス

  • 飛行機:いわて花巻空港より車で約50分。
  • 電車:JR水沢江刺駅よりタクシーで約15分。
  • 車:東北自動車道・水沢ICより約15分。

歴史公園 えさし藤原の郷の地図

 数ある観光施設の中でも、平安時代の歴史文化を体感できる、国内屈指のテーマパークが「歴史公園えさし藤原の郷」です。同園が位置する岩手県奥州市江刺(えさし)区は、平安時代の「陸奥(みちのく)」を治めた奥州藤原氏初代清衡(きよひら)生誕の地。清衡が戦乱の時代を経て、平泉に移るまで暮らした土地です。
 この江刺が、奥州藤原氏の興亡を描いた1993 年放送のNHK 大河ドラマ『炎(ほむら)立つ』のロケ地に決まり、撮影用に大規模オープンセットを建設。撮影終了後も地域振興の施設として利用できるように整備され、同ドラマ放送と同年に「歴史公園 えさし藤原の郷」として開園しました。

厳密な時代考証により平安の建造物を本格再現

客室
平泉文化の最盛期を築いた、奥州藤原氏三代秀衡の居館を想定した「伽羅御所」。平安時代の寝殿造の様式で、寝殿を中心に東、北、西の対屋が渡殿(わたどの)で結ばれている

 約20ヘクタール、東京ドームでいうと約4個分の広大な敷地に、123棟もの歴史的建造物を再現。
 「こだわったのは、専門家にご尽力いただき、時代考証を厳密に行った点です。平安時代の建築様式に基づき、着工から約10カ月間でのべ2万5,000人の大工職人を動員して完成させました」と話すのは、販売部部長の照井光男氏。 園内には、政治をつかさどる「政庁(せいちょう)」や平安の町並み、清衡の居館などが点在し、本物さながらの趣とスケールの大きさに圧倒されます。一番の見どころは平安貴族の住まい「伽羅(きゃら)の御所(ごしょ)」。寝殿造の様式を再現した日本有数の建造物で、館内では時代衣装の着付や当時の遊びも体験でき人気を集めています。
 また、開園以来、ドラマや映画のロケ地としても活用され、200作以上の撮影が行われました。その軌跡やロケの裏側が見られる「ロケ資料館」もお勧めです。


「ロケ資料館」では園内で実施された映画やドラマのロケ風景やエピソードなどを紹介


争いのない国をめざした藤原清衡が、平和への願いを込めて建立した「金色堂」を再現


「政庁(南側)」をはじめ、園内の様々なスポットで頻繁にロケが行われている

お休み処のレストランで郷土色豊かなお食事を


お休み処では、文献などにより再現した「平安時代食」を提供(要予約)

 平安体験を満喫したあとは、レストランや売店、団体用ホールを完備した「お休み処えさし藤原の郷」へ。「レストランでは、新鮮な野菜など旬の地元食材を使用した郷土料理
を用意している他、オリジナルメニューである"平安時代食" もお楽しみいただけます」と照井氏。また、売店には江刺産の「りんご」や「前沢牛」などの名物をはじめ、岩手県内の代表的なお土産が勢揃いしているのも嬉しい限りです。
 「歴史公園えさし藤原の郷」の近くには、2011年にユネスコの世界文化遺産に登録された「平泉」があります。ここは奥州藤原氏が浄土思想に基づき、100年にわたって平和な国づくりに努めた都。歴史公園と併せて訪れることで、より深く平安文化を体感できます。
 悠久の歴史を訪ねるロマンチックな旅を楽しんでみませんか?

照井 光男 氏

歴史公園えさし藤原の郷
販売部 部長

照井 光男 氏

お休み処では、奥州藤原氏や源義経公が食したであろう「平安時代の食事の再現」をテーマに、文献や資料をもとにした「平安時代食」をご提供します。むなぎ(鰻)白蒸し、いえつも(煮物)、こわいい(強飯)など、旬の素材を取り入れたお食事をご賞味ください。

「伽羅御所」での本格衣装体験

【Pick Up !】
えさし藤原の郷ならでは!
華麗な平安貴族を体験

まるで、平安時代にタイムスリップしたような感覚を味わえるのが、「伽羅御所」での本格衣装体験です。大河ドラマ御用達の京都老舗呉服店から仕入れた女性貴族の正装、十二単と男性用の束帯の着付が体験できます。正式な着方をすることで、重量感や優雅さなど平安貴族の気分をリアルに体感できます。(完全予約制・有料)