ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

梅雨や秋の台風シーズンに大雨に見舞われ、大都市のビルや地下街が浸水被害に遭うといったニュースに接する機会が増えています。
今回は大雨の対策として、どのようなことを考えておくべきかについてふれてみます。

気象情報をこまめにチェック

近年、集中豪雨が頻発する傾向にあり、特に都市部では短時間で洪水が起こることが少なくありません。大雨による災害から身を守り、財産の被害を防ぐためには、テレビやラジオ、地域の防災無線放送などが伝える気象情報や警報に注意しておきましょう。また集中豪雨の予報は非常に難しく、大雨の状況も刻一刻と変わっていきます。最新の情報を把握することを心がけて、こまめにチェックすることが大切です。たとえば地域によっては、1時間に20mm以上、降り始めてから100mm以上になると、浸水被害のおそれがあるといわれています。下の表は時間雨量とその状況を表したものです。

雨の強さとそのときの状況概要図
(気象庁資料)

避難方法・避難経路の確認を

いつ起こるかわからない自然災害に対しては常日頃の備えが重要です。
近隣の住宅や事業所、自治体との協力体制をつくりましょう。懐中電灯やラジオなど防災グッズの保管場所はもちろん、洪水が発生した際に混乱しないためにも、避難方法や避難経路などの確認をしておきましょう。また、地域によっては河川が氾濫した場合の浸水が想定される範囲やそのときの浸水深を示した「洪水ハザードマップ」と呼ばれる地図をつくっている自治体もあります。そうした予測図があれば、事前に入手しておき、ビル内の掲示板に張り出したり回覧したりするなどして、注意を呼びかけるようにしましょう。

地下空間への事前対策

都市では大雨が地下にしみ込まず、直ちに河川や下水道に流れ込むため、少し強い雨が降ると浸水被害が発生するという「都市型水害」が多発しています。特に最近では、地下の利用が盛んになったため、地下街への浸水、ビルの地下駐車場などの浸水被害が増加。地下空間にいると外の様子がわかりにくいうえ、いったん浸水すると一気に大量の水が流れ込んできます。浸水のおそれがあるときは、危険なので地下室に入らないのが基本です。周辺の地形、過去の浸水実績や浸水想定区域に基づいて、土のうや止水板等を備えるなどの浸水防止対策を検討しておきましょう。

千代田区洪水非難地図の写真
東京・千代田区の「洪水ハザードマップ」。東海地方を襲った東海豪雨(平成12年)の雨量を想定し、中小河川流域の浸水状況を示した浸水予想区域図をもとに作成された。

浸水を防ぐための工夫

ビルやマンションなど建物内部が浸水するのを防ぐためには、日常から排水溝を清掃しておくことも大切ですが、止水板や土のうを用意しておくと安心です。しかし、事前にこれらがなかった場合には……。たとえば、名古屋市消防局では、土を入れたプランターを連結し、レジャーシートで巻き込んで簡易土のうとして使用するなどのアイデアを公表しています。隙間なく水を防ぐことは難しくとも、床下程度の浸水では効果が期待できるそうです。また、10リットル・20リットルのポリタンクやポリ袋を利用して簡易水のうをつくれば、初期段階の浸水防止に役立ちます。

大雨が浸水し始めたら……

排水溝に溜まった落ち葉やゴミの写真
建物の回りに水たまりができないように、排水溝に溜まった落ち葉やゴミは、こまめに取り除いておこう。

大雨が浸水して、防災機関などから異常や避難の呼びかけがあった場合、指示にしたがってすぐに避難しましょう。特に地下室では流れ落ちてくる水に逆らって階段を昇ることは非常に危険です。水の流れが激しくなる前に避難することがなにより重要です。漏電などの防止のために電気・ガスの安全確認をするほか、換気口から水が入って建物内部が水浸しになることもあるので、大雨が降ってきたらふさいでおきます。そして、避難する際には荷物は最小限に、身軽に両手が使えるようにして、できるだけ2名以上で行動するようにしましょう。