ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ビルシステム

停電への備え

停電になると、エレベーターが停止して閉じ込めが発生する恐れがありますので、予め停電が予定される場合には極力運行を休止*1してください。運行休止にあたっては、以下の措置を行ってください。

  1. 貼り紙*2などで利用者に休止する旨を事前に知らせてください。
  2. 停電予告時刻になるおおむね10分前にエレベーターを休止させてください。
  3. 停電が復旧した後は、貼り紙を外し運転を再開してください。

また、運行休止ができない場合は、貼り紙などで利用を控えていただくよう利用者に周知してください。

*1
エレベーターを休止するときは、管理者が行ってください。
*2
貼り紙をプリントアウトしてご利用される方はこちらから

停電によりエレベーターが停止した場合の確認事項

停電になった場合はインターホン*3で、エレベーター内の利用者の有無を確認してください。
利用者が声を出せない状態も想定されますので、エレベーターの壁やドアを叩く音についても確認してください。

*3
バッテリを内蔵していますので、停電時にもご利用いただけます。

利用者が閉じ込められている場合

  1. 弊社に次の内容を連絡してください。
    (1)
    お客さま番号
    (2)
    ビル名
    (3)
    利用者が閉じ込められていること
  2. エレベーター内の利用者に次のようなことを告げて安心させてください。
    (1)
    『窒息の恐れはありませんので、静かに救出を待ってください。』
    (2)
    『無理に脱出しようとすると、昇降路へ転落する恐れがあります。危険ですから絶対にやめてください。』
  3. 停電が復旧した場合は、次のように利用者を誘導してください。
    『行き先階ボタンを押してください。運転できます。』